ブッダガヤから「Too hot」 とLineが届く

こんにちは。

しばらくブログ更新が滞っていました。
現在は、日本に帰ってきてますが、6月中旬にいったんブッダガヤに戻ります。


今ブッダガヤは一番暑い時期といわれており、現地の友人から届くLINEには「too hot」の文字ばかり。
ブッダガヤの友人僧侶達も、ブッダガヤを離れ自国に帰っていたり、他の場所に移動している方々が多いです。(私もそうですが)


暑くなるにつれて人間や動物の行動も変化していきます。


買い物も日が出ている日中は、避ける。
ピクニックなどは、日が落ちてから。
日陰には、人が集まる。
動物たちも暑さで動きがゆっくりになり、日陰で休む



ブッダガヤと日本の習慣の違い

日本では暑くても頑張って働く!ということが当たり前ですが、ブッダガヤでは、暑いから休む・ゆっくりするということが成り立ちます。

気温は日本の比ではないですし、クーラーがどこでも完備されているわけでもなく、停電も頻繁におこる場所ということも、日本のような考え方にならないいくつかの要因ですね。

お寺のスタッフも、朝来ない時があります。
また、昼間どこかに消えてしまう場合も。(特に食後)

「どうして朝遅くなったのか?」と聞くと「暑かったから」や「昨日の夜暑くて寝れなくて」という返事が普通に返ってきます。
また、お昼間もお寺内を消えたスタッフを探すと日陰やベットの上で寝ていることもしばしば。。。
起こすと「暑いから眠たい」と言うときもあれば、「なんで起こすんだ!」と睨まれ逆ギレを起こすときも。


「郷に入れば郷に従え」という言葉がありますが。。。


ただ、人間として考えると、暑いから休むというのは、自然の考え方なのかと考えさせられます。
 



th_13年07月03日122949 

※夏の菩提樹の葉
 青々として綺麗
スポンサーサイト

知恩院発行の月刊誌で、インドの写真連載が再スタート

関東では、桜が満開になっているようですが、関西ではまだまだ寒い毎日。
日差しが暖かくんっても、風が大変冷たく感じます。

一方で、インドでは熱波がきているようで、日本で言う高温注意方のようなものが発表されていました。
例年より5度以上気温が高く、異常気象というのか、気候の変化が地球規模で起こっていることを実感します。



話は変わりますが、インドとの往復の中で普段撮りためている現地の写真。
毎回数千枚以上になります。

ブログにも活用していますが、今回

浄土宗総本山知恩院が発行する月刊誌「知恩」でのインド紀行の連載が始まりました。

th_IMG_1287.jpg


https://www.chion-in.or.jp/02_sanpai/han/shinko.php

HPを見ていただくと、下の方に名前と共に「インド紀行」と書いてあります。


4年ほど前にも2年間連載を行っていましたが、このたび再スタートさせていただくことになりました。

インド・ブッダガヤを訪れる人が少なくなる中で、少しでもインドやブッダガヤに興味を持っていただけるように頑張って書いていきたいと思います。


ガンガーの午後



インドで大量に撮りためた写真を整理中。



写真を見ていると、インドを思い出す。

そして、インドの日本、同じ時代でもこんなに環境が違う・街の姿が違う・習慣が違う。

世界は本当に広く、奥が深いと感じる。



写真は、ガンジス川の午後。


朝日の写真や朝日に向かい祈る写真が有名なガンガー


この写真は、午後太陽が街の後ろの方に進んでいく写真。





午後のガンガーを見ながら、チャイを飲んでいた時間を思い出す。

時間は、世界中どこでも同じスピードで流れるが、なぜかゆっくり時間が流れていたような感覚を思い出す。




Ganga river in Varanasi by ryosho shimizu on 500px.com

インド祭り!?春季彼岸会はインド尽くし。奈良、善福寺


皆さんこんにちは。


3月22日
お彼岸の期間でしたが、奈良にある浄土宗のお寺、善福寺にインドのお話をしにいってきました。

こちらのお寺は、和文のお寺言われており、お経を和文で唱えられているお寺です。
だいたい皆さんが耳にされるのは、漢文のままのお経ですよね。

先代の住職が今年2月インドに行かれ、その際いろいろ感動をされ印象に残ったようで、今回お彼岸ですが法話として、インドのお話をして欲しいとお願いをされました。

th_IMG_1237.jpg

th_IMG_1238.jpg


当日は、インド祭り!?と題して、お参りに来られた方に無料でカレーが振る舞われました。
カレーはインド式ではなく、日本式ですが。


th_IMG_1234.jpg


もちろん、私もお昼ご飯としてカレーを頂きました。
たくさんの野菜や、鶏肉が入っていましたが、ブッダガヤにいる時、カレーというと普段は野菜が多く、お肉のカレーは特別なお祭りやお祝いの時にしか食べません。
なので、鶏肉が入っているのをみて、少しうれしくなった自分がいました。


 IMG_1244.jpg


昼食後の1時から1時間時間をいただき、主にブッダガヤの写真や動画を見ていただきながら、お話をしました。

食後で、しかも、ストーブがついているという眠くなる要素が満載でしたが、皆さん熱心に話を聞いてくださり、時折首を振ったり、驚いた顔を見せてくださったりと、話がしやすい雰囲気でのお話でした。


終了後、檀家様の一人が
「インド行こうと思ったらどれぐらいの期間が必要や?
 帰って嫁と相談するから、ツアーあるとき教えてくれ。」
と声をかけてくださり、少しでもブッダガヤに興味を持ってくれたかな?と自分自身満足しております。

当日の様子は、住職もブログで書いてくださいました
http://zenpukuji.info/archives/1962


日本に帰国(ガヤ空港からバンコク経由)

3月13日にブッダガヤを出発し、3月14日,日本に帰国しました。


th_IMG_1184.jpg

th_IMG_1132.jpg


日本までの経路
ガヤ空港→バナラシ→バンコク(スワナプーム空港)→関空


午後2時過ぎに出発し、一旦バンコクとは逆方向のバナラシへ。
機内で1時間ほど待ち、再度バンコクへ向け出発。
バンコクに到着後、数時間待った後、夜中11時すぎの飛行機に乗り、翌早朝6時には日本到着。
タイ航空を利用したこのルートが、オススメです。



出発時のブッダガヤの気温は、30度以上。
日差しは、日本の真夏のような強さ。

外を歩くと、日差しの強さで眩しい。
洗濯物は、数時間でカラッと乾く状況。

日本に到着すると、気温は一桁。
一気に冷えるので一層寒く感じますが、インドと比べてほこりっぽさがない空気は新鮮に感じました。



いつもでしたら、バンコクの空港で2時間ほどの待ち時間なのですが、今回のフライトはバナラシを経由しないルートに変更されたので、バンコクの空港での待ち時間が数時間伸びました。
せっかくの伸びた時間を利用し、ブッダガヤで出会った空港で働いている方と待ち合わせをして、夕食をご供養していただきました。

今年1月に出会い、仏心寺へも足を運んでくれた方。
その後、帰りがバンコク経由だと話していたことを覚えていてくれ、仕事の休み時間を合わせて到着ゲートまで迎えにきてくださいました。

夕食は、空港職員御用達の食堂。
といっても、おしゃれで大変綺麗な店内
(ブッダガヤから見るとどのお店も綺麗ですが・・・)

料理はもちろんタイ料理

パパイヤサラダのソムタム、
トムヤムクンスープ
名前は忘れましたが、チキンの焼いたもの・短い米粉の麺を炒めたもの・肉団子


th_IMG_1141.jpg

th_IMG_1142.jpg


味はもちろん、文句なし。
ブッダガヤでも、何度もタイ料理を食べましたが、本場は違いますね。

美味しい料理に感動しましたが、何より国が違っても僧侶として布施をしてくださる信者さんの信仰心に感動しました。

もちろん、私自身がタイ語ができるわけもなく、その方も日本語ができません。
その方自身英語も、すごく英語ができるわけではなかったですが、一生懸命片言の英語で話をし、一生懸命お世話をしてくださいました。
国が違う僧侶でも、自国と同じ僧侶として対応してくれ、信用してくれます。
大変有難いですし、その頂いたお布施をしっかり活かしていかないといけないと、実感します。


th_IMG_1144.jpg


ブッダガヤと往復する中で、たくさんの仏教国の方と交流をする機会をいただいております。
一箇所で、世界中の仏教徒と交流ができること・体感できることが、ブッダガヤに滞在する魅力です。
旅行で通り過ぎるだけでは体験できません。


交流する中で、こまめに連絡をくれる方・仏心寺を毎年訪れてくださる方もたくさんいます。

仏心寺は日本のお寺という言い方はしますが、国や人種など関係なく、仏教徒に支えられているお寺が仏心寺なんだと感じております。


ということで、しばらく日本に滞在します。