インド祭り!?春季彼岸会はインド尽くし。奈良、善福寺


皆さんこんにちは。


3月22日
お彼岸の期間でしたが、奈良にある浄土宗のお寺、善福寺にインドのお話をしにいってきました。

こちらのお寺は、和文のお寺言われており、お経を和文で唱えられているお寺です。
だいたい皆さんが耳にされるのは、漢文のままのお経ですよね。

先代の住職が今年2月インドに行かれ、その際いろいろ感動をされ印象に残ったようで、今回お彼岸ですが法話として、インドのお話をして欲しいとお願いをされました。

th_IMG_1237.jpg

th_IMG_1238.jpg


当日は、インド祭り!?と題して、お参りに来られた方に無料でカレーが振る舞われました。
カレーはインド式ではなく、日本式ですが。


th_IMG_1234.jpg


もちろん、私もお昼ご飯としてカレーを頂きました。
たくさんの野菜や、鶏肉が入っていましたが、ブッダガヤにいる時、カレーというと普段は野菜が多く、お肉のカレーは特別なお祭りやお祝いの時にしか食べません。
なので、鶏肉が入っているのをみて、少しうれしくなった自分がいました。


 IMG_1244.jpg


昼食後の1時から1時間時間をいただき、主にブッダガヤの写真や動画を見ていただきながら、お話をしました。

食後で、しかも、ストーブがついているという眠くなる要素が満載でしたが、皆さん熱心に話を聞いてくださり、時折首を振ったり、驚いた顔を見せてくださったりと、話がしやすい雰囲気でのお話でした。


終了後、檀家様の一人が
「インド行こうと思ったらどれぐらいの期間が必要や?
 帰って嫁と相談するから、ツアーあるとき教えてくれ。」
と声をかけてくださり、少しでもブッダガヤに興味を持ってくれたかな?と自分自身満足しております。

当日の様子は、住職もブログで書いてくださいました
http://zenpukuji.info/archives/1962


スポンサーサイト

日本に帰国(ガヤ空港からバンコク経由)

3月13日にブッダガヤを出発し、3月14日,日本に帰国しました。


th_IMG_1184.jpg

th_IMG_1132.jpg


日本までの経路
ガヤ空港→バナラシ→バンコク(スワナプーム空港)→関空


午後2時過ぎに出発し、一旦バンコクとは逆方向のバナラシへ。
機内で1時間ほど待ち、再度バンコクへ向け出発。
バンコクに到着後、数時間待った後、夜中11時すぎの飛行機に乗り、翌早朝6時には日本到着。
タイ航空を利用したこのルートが、オススメです。



出発時のブッダガヤの気温は、30度以上。
日差しは、日本の真夏のような強さ。

外を歩くと、日差しの強さで眩しい。
洗濯物は、数時間でカラッと乾く状況。

日本に到着すると、気温は一桁。
一気に冷えるので一層寒く感じますが、インドと比べてほこりっぽさがない空気は新鮮に感じました。



いつもでしたら、バンコクの空港で2時間ほどの待ち時間なのですが、今回のフライトはバナラシを経由しないルートに変更されたので、バンコクの空港での待ち時間が数時間伸びました。
せっかくの伸びた時間を利用し、ブッダガヤで出会った空港で働いている方と待ち合わせをして、夕食をご供養していただきました。

今年1月に出会い、仏心寺へも足を運んでくれた方。
その後、帰りがバンコク経由だと話していたことを覚えていてくれ、仕事の休み時間を合わせて到着ゲートまで迎えにきてくださいました。

夕食は、空港職員御用達の食堂。
といっても、おしゃれで大変綺麗な店内
(ブッダガヤから見るとどのお店も綺麗ですが・・・)

料理はもちろんタイ料理

パパイヤサラダのソムタム、
トムヤムクンスープ
名前は忘れましたが、チキンの焼いたもの・短い米粉の麺を炒めたもの・肉団子


th_IMG_1141.jpg

th_IMG_1142.jpg


味はもちろん、文句なし。
ブッダガヤでも、何度もタイ料理を食べましたが、本場は違いますね。

美味しい料理に感動しましたが、何より国が違っても僧侶として布施をしてくださる信者さんの信仰心に感動しました。

もちろん、私自身がタイ語ができるわけもなく、その方も日本語ができません。
その方自身英語も、すごく英語ができるわけではなかったですが、一生懸命片言の英語で話をし、一生懸命お世話をしてくださいました。
国が違う僧侶でも、自国と同じ僧侶として対応してくれ、信用してくれます。
大変有難いですし、その頂いたお布施をしっかり活かしていかないといけないと、実感します。


th_IMG_1144.jpg


ブッダガヤと往復する中で、たくさんの仏教国の方と交流をする機会をいただいております。
一箇所で、世界中の仏教徒と交流ができること・体感できることが、ブッダガヤに滞在する魅力です。
旅行で通り過ぎるだけでは体験できません。


交流する中で、こまめに連絡をくれる方・仏心寺を毎年訪れてくださる方もたくさんいます。

仏心寺は日本のお寺という言い方はしますが、国や人種など関係なく、仏教徒に支えられているお寺が仏心寺なんだと感じております。


ということで、しばらく日本に滞在します。

3.11 東日本大震災7回忌。マハボディーテンプルで供養

3.11 東日本大震災7回忌

ブッダガヤにいる、日本人僧侶3人が集まり、マハボディーテンプルで供養のお勤めを上げさせていただきました。

菩提樹の下、そして本尊様の前では、さまざまな国の人達が、それぞれの思いで祈りを捧げていました。



6年前の3月11日朝、ブッダガヤから日本に到着しました。

昼過ぎにテレビをつけて、津波が来ている映像をみて衝撃をこと忘れません。

6年たった今も、ブッダガヤにいます。


帰り道、結婚式とホーリーの祝いのステージが作られ、笑顔で踊り、爆音で音楽が鳴り、色の粉を掛け合って祝っていました。



それぞれが、それぞれの人生があり、背景がある。


今をしっかり生きていこう。


本尊の前

th_20170311-IMG_7590.jpg

菩提樹の下

th_20170311-IMG_7580.jpg


th_IMG_7584.jpg


Happy Losar (チベット暦のお正月)

今年3度目のお正月を迎えるブッダガヤ


西洋暦の1月1日

中国暦の1月28日

そして、チベット暦の2月27日


 「Losar 」がチベット後のお正月という意味なので、「Happy Losa」とお互いお正月のお祝いの挨拶をします。

チベットの各お寺では、新年の法要が行われ、チベット人が経営しているお店は、軒並み閉店。
そして、お寺へお参りに行ったり、家族でお祝いをします。
閉店しているお店の前にカタといわれる、白いスカーフを巻いてお祝いの意を示します。

27日、28日は、友人のお寺に。

ブータンのお寺と、チベット、カギュ派のお寺。


ブータンのお寺ではブータン料理の振る舞い

th_IMG_6912.jpg

チベットのお寺は、新年の法要に参加し、僧侶や友人と記念撮影
チベット僧と、黒い韓国の伝統服を着た友人

th_IMG_0870.jpg 

最後は、ブータン寺の夕日
綺麗な光景が広がっていました


th_20170227-IMG_6906.jpg 

大黒天、マハーカーラとシヴァラトリー

2月25日は、インドは、「マハシヴァラトリ」

シヴァラトリとは、「厳粛な夜」という意味

インドのシヴァという破壊と再生の神様のお祭り。
シヴァパールヴァティが結婚した日と言われています。

そして、20日から行われていた、チベット仏教の法要、マハーカーラの最終日でもありました。

一見信仰されている国も違うので、共通点がないように感じるが、実はマハーカーラは、シヴァの別名とされています。

そして、
マハーカーラの意味は、

マハー=大いなる
カーラ=闇

これをあわせて、マハーカーラは「大黒天」とも言われています。

インド、チベット、日本とつながり祀られているのは、大変興味深い話です。


「マハシヴァラトリ」は、毎年前日から強い風が吹くのが特徴ですが、今年も変わらず、前日から急に強い風が吹き始めました。
この辺りがインドの面白いところで、毎年お祭りの日付が変わっても、ちょうど風が吹く。
インドの不思議な部分です。


話をチベットのマハーカーラに移すと、チベットの今年のお正月が2月27日で、その前に一年の邪気を払うという意味もあるようです。


今回、この法要の際、舞台上で兜を飾ることがきまり、その後ろに置く屏風を日本で探して送って欲しいというお願いがあり、その手配をしたこともあり、会場へ足を運びました。



当日、写真撮影などは一切禁止でしたが、インターネットを通して世界中へ生配信されていました。
そして、それらはすべてyoutubeで保存されており、いつでも見ることができるようになっています。
伝統は壊さず、最新の機材を利用して仏教を伝える努力されていることを感じます。



法要前に会場へ入ることができたので、その時の写真を貼り付けておきます。

観客席からステージ
th_20170213-IMG_6692.jpg

ステージから、観客席
th_20170214-IMG_6753.jpg

舞台の本尊、釈迦牟尼仏
th_20170214-IMG_6738.jpg

そして、手配した屏風

th_20170214-IMG_6715.jpg 



当日は、会場を埋め尽くす僧侶と世界中から集まった信者さんで溢れていました。
僧侶だけでも数千人。。。
信者さんで多い国は、やはり台湾。
そして、近年増えているのが中国の信者さん。
チベットを弾圧している中国の信者さんが増えているというのも、おかしいことですが。


スピーカーを使い、重低音のお経が響き、太鼓やシンバルのようなものを鳴らして、それに合わせ、カラフルな衣装をきた僧侶たちが踊り続けます。

動画でどうぞ






それぞれの国の伝統的なお祭りが、一箇所で体験できるのも、ブッダガヤの魅力です。