ブッダガヤ、バンダ(ストライキ)1日目!

今日からブッダガヤはストライキです!

政府が進めている政策に対しての、反対の意を示したストライキ。

今回は、政府が1キロ圏内に車の立ち入りを禁止したことに対して行われています。




全部で3日間の予定で行われ、今日が1日目。


朝から街中を見てきましたが、本当にすべてのお店が閉まっています。

大通りはバイクと、電動リキシャーと自転車が殆どで、たまに許可された車が通るだけ。
いつもはバスや車、バイクでぐちゃぐちゃなので、大変静かで、歩きやすい状態でした。
心なしか、空気も澄んでいるように感じます。


ただ街中は、静かな状態で、寂しさを感じました。


閉まった店の前で、立ち尽くす店主

th_20180223-IMG_5490.jpg


両側野菜で溢れていたバザールは、閉まってます。

th_20180223-IMG_5477.jpg

観光客で賑わうお土産物屋も、閉まっています。


th_20180223-IMG_5460.jpg


両側お店があり、その前にも地面で野菜を売っているバザールも閑散としています。


th_20180223-IMG_5495.jpg




街中には警察がバイクや車で走り回り、ものものしい雰囲気。



th_20180223-IMG_5483.jpg



現地の友人は、

「政府は、現地の人のことを何も考えてくれない!
 勝手にいろいろなことを決めて、進めていく!
   何もいいことはない!」

と怒ったように話をしていました。




レストランなどもほぼ閉まっているので、これからブッダガヤに来る旅行者は気をつけてください。

できることなら、3日後からくることをおすすめします!!


スポンサーサイト

マハボディーテンプルから1キロ圏内の車の立ち入りを禁止!明日からは街中がストライキの予定。

今年初め爆弾事件があったブッダガヤ。

その時から、ブッダガヤの警備がだんだん厳重になり、マハボディーテンプルに入るには、二重のボディーチェック、鞄のX線チェックを通らないと入れなくなりました。

また、街中でも、至る所で警察がたち検問を行い、安全ですが、地元の人からは少し過ごしづらい雰囲気になっています。


そんな中新たな条例として

「マハボディーテンプルから1キロ圏内の車の立ち入り制限を行う!」

というものが発布されました。

ニュースサイト
https://www.telegraphindia.com/states/bihar/no-cars-1km-around-temple-210146



今までもブッダガヤ周辺には検問があり、立ち入り制限がされていましたが、正式に条例を作り対応していくようになりました。

本来は、2月15日スタート予定でしたが、2月20日から施行されました。

その目的としては、大気汚染への対策と、歩行者の安全面への対策。
当初は、2輪車も対象でしたが、今回は除隊されたということです。
また、一部のホテルやお寺に対しては許可書を発行し、それを使うことによりバスなどが入ってこれるということです。



確かに、ブッダガヤにはここ数年で多くのインド人の観光客が訪れ始め、また収入も増えているので車やバイクの数も見違えるように増加しています。

それに伴い、街中の空気は悪くなり、また道路を歩いていてもぎりぎりを車が通って行くので、怖い思いをしたことは多々あります。
そのことが改善されるのであれば、喜ばしいことはないですが、現地でずっといる人達からすると、不便です。

また大通りが封鎖されている一方、一本路地に入った細い道は制限がないので、村の中などの細い車が一台でいっぱいの道を多くの車が通るようになったので、村の中の危険度が増しているのも事実です。
そして、なぜか検問の警察も、裏道を通って行くように進める始末。。。


そんな形で現地の人達の不満が爆発し、明日2月23日からブッダガヤでは3日間のストライキを行うことが決まりました!

明日からというのは理由があり、現在ブッダガヤが属するビハール州の州知事は、日本を訪れています。
明日インドの戻る予定なので、それに合わせてストライキを行い、明日の夕方ガヤ県のDMや警察関係者とMEETINGを行い、その結果によっては1日で終わる可能性もあると聞いています。


経済発展と共に様々な問題が起きているブッダガヤ。

仏教の聖地として、平和で安全な場所になること祈ります。

今年2度目のお正月。チベット・ベトナム・ブータン・台湾・中国

Happy new year!
Happy Losar!
新年快楽!
.

2月16日は、チベット・ブータン・ベトナム・台湾・中国のお正月。



今年2回目のお正月。

前日の15日夜は、ベトナムのお寺で前夜祭。

ベトナムとラオスの僧侶とお祝いのご飯と爆竹



当日の2月16日は、早朝から菩提樹の下にベトナムの人達がブッダガヤにいる約200名ほどの僧侶を招待して、各国の読経と、サンガダーナ

その後、お寺でお祝いのご飯と、お正月にするベトナム式のくじ引き大会。


th_IMG_6988.jpg


th_IMG_7002.jpg

th_IMG_7001.jpg

th_IMG_6997.jpg

th_IMG_6993.jpg


th_IMG_6991.jpg




お昼は、ブータンの友人のお寺でお祝いのご飯。


若いお坊さん達は、ブータンの国技手で投げるアーチェリーを楽しんでいました

ブータンでのお正月の楽しみ方は、男の人はアーチェリー。女性はご飯を作って、外でアーチェリーを見ながら食べるらしいです)


th_20180216-IMG_2879.jpg


th_20180216-IMG_2883.jpg


th_20180216-IMG_2903.jpg


th_20180216-IMG_2891.jpg


th_20180216-IMG_2916.jpg


th_20180216-IMG_2919.jpg



チリばかりのチーズスープ


th_20180216-IMG_2905.jpg



th_20180216-IMG_2912.jpg



夜は、国営のブータンのお寺に住んでいる女の子で、私が日本語を教えているブータンの子がお正月の食事に招いてくれました。
 

 

ブータンのバターを使ったバター茶と、お祝いに食べる特別なスープ
唐辛子と、山椒などの配合が絶妙でした。


th_20180216-IMG_3578.jpg


th_20180216-IMG_3600.jpg



th_20180216-IMG_3605.jpg



それぞれの国のお正月に食べる食べ物を味わうことができ、お正月をどのように過ごすのかも体験でき、楽しいお正月になりました。



西洋のカレンダーだけでなく、自国のカレンダーも大切にしている国が多いことを感じると共に、日本本来の暦もちゃんと知っておくことの大切さを感じました。

宿泊者・子供達・両親と涅槃会

2月15日

「涅槃会」

お釈迦様が入滅された日(亡くなられた日)




12月8日の成道会もそうですが、この日に涅槃会の法要を行うのは、やはり日本仏教だけです。


仏心寺でも、涅槃会の法要を行いました。

参列者は、宿泊しているインド・日本・台湾の方々
そして、友人のベトナム僧侶


学校の子供達はもちろん、両親にも案内を出し参列してもらいました。

「ブッダガヤから仏教が始まりました。 
 その場所に生まれたことを、大切に思ってください。
 お釈迦様の教えに興味を持ってください。」

と伝えて法要を開始。



日本式のお勤めの間に、ベトナムのお経を挟んで、法要を行いました。

各国の僧侶と共に法要ができることは、ありがたいことですし、国や宗派にこだわらず共にお経をあげてくれる友人僧侶にも感謝の気持ちでいっぱいです。





th_20180215-IMG_3542.jpg

th_20180215-IMG_3525.jpg

th_20180215-IMG_3526.jpg

th_20180215-IMG_3518.jpg


th_20180215-IMG_3570.jpg 





ブッダ最後の言葉

「いかなるものも移ろい行きます。怠ることなく努めなさい」


お釈迦様の最後の言葉をしっかり受け止め、これからも努め励んで行きます!



シヴァのお祭り「マハ・シヴァラトリ」

今日は、マハ・シヴァラトリというシヴァのお祭りの日


ラトリは、「夜」という意味で、シヴァが夜この世界くると信じられており、シヴァが祭られているお寺では、夜通しシヴァのマントラ「オーム・ナマ・シヴァーヤ(Om Namah Shivaya」が唱え続けられるといわれています。


ブッダガヤでは、特に大きなお祭りはなく、夜も静かでした。
というより、いつも以上に静まりかえり、シーンとした感じで、ちょっと違った夜に感じました。



また、毎年このシヴァラトリの日、もしくは前後は、強風が吹き雨が降ります。
今年も例外ではなく、数日前から強風が吹き、今まで乾期でずっと雨がなかったのにもかかわらず、昨日から雨が降っています。

毎年この時期になると自然と考えさせられること。


昔から続いている宗教。
そして、私たちがコントロールしようとしても、どうすることもできない自然。

そこには、何か見えないところでむつびついているんだろうと、生活の中で感じるインド生活!


これからインドはどんどん暑くなっていきます!


th_IMG_3484.jpg