FC2ブログ

仏心寺駐在18日目

いつもの通り「仏心寺」のおつとめを終え「大塔」へお参り。

一日中、カレーもあきてくるので、最近の朝ご飯は「大塔」の前でチベットの人が朝早くから作って売っているパンを食べている。

朝5時ぐらいから地面に座って20人近くの人が横一列に並んで、丸いドーナツ型の揚げパンやひねった揚げパン、また揚げずに焼いただけのパンを売っている。
大塔前のパン売り

基本的にはみんな同じ種類のパンを売っているのだが、人によって堅めの人や柔らかい人、ちょっと甘めの人など、個性がある。日によっても違う。(日本ならほぼ毎日同じ味が基本だが)
チベットのパン

同じ物を売っているので、当然みんなお客の取り合いになり、大きな声を上げてこっちにきてと誘ってくる。

でも、お客さんを取り合いながらも、おつりが無いときはくずしてあげたり、英語があまりわからない人には、わかる人がお客さんの相手をしたりして、競いながら笑顔で助け合っている。

毎日通っていると顔を覚えられる。お参りの帰りにいつも買うのだが、通り過ぎると「自分の店で買ってって!」と言わんばかりにチベット語で挨拶をしてくれる。
(チベット語は全くわからないのであくまで想像だが)

田舎出身の私としては、このように気軽に声をかけて笑顔で話しかけてくれるのは本当にうれしいこと。 (言葉は通じてないが?)

朝は眠いし、寒いのであまりテンションもあがらないが、笑顔で話しかけてくれるとこちらも元気になる。

今日は前々から約束していた、シンさんにインド料理の作り方を教えてもらった。
シンさんは、160センチぐらいの体に体重は自称80キロ近く?の立派なお腹の持ち主。
色も黒く、これぞインド人と絵に描いたような人で、第一印象は大変怖い感じがした。
けれど、仲良くなるといろんなことを教えてくれるいい人である。
シンさんと

今回は、野菜のカレー(じゃがいもとカリフラワーのカレー)とダールカレー(豆カレーでご飯を食べるときには絶対に必要なカレー)とご飯の作り方。

作り方を全部書いていくと長くなるので簡単に。

じゃがいもとカリフラワーを切り、形が崩れないようにあぶらで軽く揚げる。あとは、マサラとニンニク、ウコン、チリなどでタマネギを炒め、そこに具を入れて水を加えれば、野菜のカレーのできあがり。

次に、ダールカレーは、ダール豆にウコンと塩を入れて圧力鍋で茹でる。最後に、バターを熱して混ぜるのが隠し味。

ご飯は日本とは違い、大量の水のなかで煮るように茹でて、いい堅さになったら水から出してできあがり。(お米は、インディカ米といい、ぱさぱさしている。)

だいたい10人前ぐらいを作るのに、2時間ぐらいかかった。

今、日本で流行りの手抜き?料理というか、三分間クッキングとは行かない。

おいしさは格別!

油もマサラも少ししか使わない本当の家庭料理なので、あっさりしていて辛さも控えめ。
野菜の甘さが感じられる料理です。

野菜は日本にもある野菜だし、マサラとちょっとしたカレー作りに使う葉っぱさえ手に入れれば日本でもインドの家庭料理が楽しめるはず。

ただ、ダール豆とお米は手に入りにくいかな?

今回はしっかりと見ていたので、次は自分でトライする予定!
予定のままで終わらないようにして、日本で作りたい。
また、楽しい一日が終わった。

仏心寺駐在17日目

今日は、一緒に滞在している二人がラジギールという、お釈迦様がお経を説かれた場所や、日本でも有名な「祇園精舎」がある仏跡へ出かけた。(私はお寺でお留守番。)

私がいるブダガヤからは、車で2時間ぐらい。約150キロ離れている場所にある街である。

そこには他にも「温泉精舎」といわれる温泉が出ている場所もある。
ただ日本の温泉の入り方とはちょっと違い、沐浴みたいに浴びるように入る、
裸足の人もそのまま入ったりするので、汚れと砂と泥で大変な汚さである。

それに伴い臭いも・・・・・・。

聞いた話だが、夜になると人がいなくなり、温泉としてゆっくり入れるとのこと。

他にもいろんな見所があるのがラジギールという場所。

私は、お寺で留守番をしていて、久々に一人になったのでゆっくり本を読んだり、日向ぼっこをしたりしていた。
すると、スリランカの人が「次、来たときには此処に泊まりたいんだが、予約はどうしたらいい?」と聞いてきた。

メールを送ってもらえればOKということを説明すると、
「次、泊まりに来るのを楽しみにしている」といって帰って行った。

また一つ、違う国の人にこの場所のことを知ってもらい使ってもらうことができることを本当にうれしく思う。
夜には、日本人の方でインドに7ヶ月、東南アジアをいれると1年半以上旅をしている人が仏心寺を訪れてくれた。いろんなお話をすることができた。

はじめはいろんな国を見るだけのつもりが、気づいたら仏跡巡りをするようになったとのこと。

またタイで修行をしたり、インドでもいろんな修行をして旅をしているが、まだ何かきっかけをつかんでいないので日本には帰れないとのこと。

本当に知らないだけで、いろんな人がいろんなところにいて、いろんな考えを持っていることを改めて実感。

そして、自分がまだまだ知らないことがたくさんあり、未熟なのも実感。

この様にして、いろんな人と出会い、いろんな考え方を聞いて、いい方向に自分が成長していけたらいいなと思った一日だった。

ちなみに、昨日と一昨日話の中ででていた「日本山妙法寺」の若い僧侶の方は、ブダガヤからラジギールまで歩いて帰っているとのこと。
距離はだいたい150キロ、電話で話をしたら、
「三日ぐらいで着くでしょ!」
と気軽な感じでいっていてびっくり。

本当にいろんな人がいます。

仏心寺駐在16日目

朝の寒さも一段と強くなってきて、日本ぐらい厚着をしないとすぐ体が冷えてしまう。
インドの寒さは日本の寒さとまた違い、底冷えというか、じわじわと体にくる印象がある。

ただ、昼間になると強い日差しが戻る。
話を聞くと例年より気温は高く、温暖化の現象がでているとのこと。

温暖化つながりで、二・三日後からインドのほとんどの物の物価が上がるとのこと。
鉄、レンガ、コンクリート、食品類全部・・・・

今はじゃがいもの季節だが、3ルピー(約6円ぐらい)で1キロぐらい買えるのが、15ルピー(約30円ぐらい)の値段になる。

今年の夏は、日照りで雨が降らず野菜が採れなかった。元から野菜の値段が高いのだが、それに拍車をかけるようにインド政府が物価を上げるとのこと。

今、インド政府が定めている最低賃金は、1日102ルピー(約200円ぐらい)なので、その値段で家族が生活するのは大変厳しい状況だ。。

日本でも仕事や給料の問題があるが、インドでも同じような問題がある。

物価を上げる背景は、温暖化対策らしい(これだけじゃないと思うが)。ガスや電気を高くすれば、使う量が少なくなるという事らしい。
物が安いインドでもどんどん物価が上がっていっている。

インドの経済状況の紹介でした。

私といえば、相変わらずな毎日。

今日も、また急きょ予定ができ、とある特別な場所に連れていってもらった。
日本でいう秘仏?に当たるようなものを見せてもらった。大変感動したくさん写真を撮った。
普段見なれているインドの仏像とは少し形も雰囲気も違い、小さいけれども存在感を感じる仏像だった。
多分、もう見ることはないかもしれないので、しっかり脳裏に焼き付けておいた。

ここ数日はちょっと疲れもたまってきたかな?という感じ。
たぶん気疲れだと思うが。
寝たら大丈夫。

いつもより長めの睡眠をとって明日に備えことにします。

仏心寺駐在15日目

今日は、お釈迦様がお悟りをひらかれた日である。

明けの明星の時に悟りを開かれたと伝わっているので、朝日が昇る前に「大塔」へ行き、悟りを開かれた場所でお参りをする。

去年も、同じ日に同じ場所にいた。と思うと、一年は本当に早いなと実感。

しかも、日本ではなく、海外の同じ場所にいるということは本当に貴重な体験だと思う。そして、そんな事ができる自分は本当に幸せ者である。

お釈迦様が悟りを開かれた日なので、向かいにある「日本寺」では大きな法要があった。

招待状が届いていたので、参列した。

日本側のお勤めの後、チベットのお勤め、パーリ語(インドやタイ)のお勤めが行われ、式は終了。

日本にいては、他の国のお勤めはなかなか聞くチャンスがないが、こうやっていろんな国のお勤めを、しかもいっぺんに聞けるのは貴重な経験である。

そこには、「日本寺」の僧侶以外に、ラジギール(お釈迦様の仏跡の一つ)にある「日本山妙法寺」というお寺の僧侶の方も二人と、その「妙法寺」で泊まっている旅行者が二人参加していた。

法要が終わると一番上の僧侶の方はすぐ帰られたが、もう一人の僧侶の方がブダガヤに宿泊されるということで、「仏心寺」を訪れてくれた。

本堂でお勤めをしていただき、その後いろんなお話をした。

話を聞くと、お寺に生まれた訳ではなく、5年ほど世界中を旅していて、二年前ぐらいに「日本山妙法寺」を訪れた時に出家をされたという。

年齢は、26歳と私と一つしかかわらない。

知識もたくさんあり、なにより話し方が大変ゆっくりで、ずっと笑顔で話をするので、僧侶の尊さが伝わってくる感じでした。

どんな活動をしているのか。!どんな一日を送っているのか。!
等々、気づけば2時間近くお話をしていた。

その方が言っていた言葉で印象的なのが
「これもご縁ですから」「皆、同じ仏教徒だから、同じインドにいるので協力し合いましょう」

インドで旅をしている人がよくいう言葉
「これもご縁ですから」
この言葉、よく日本では仕事などでよく使われていると思うが、こちらで聞くとまた違った響きに聞こえる。

一日一日の中で、いろんなご縁をいただいている。

それを日本の忙しい中ではなかなかとらえられないが、こうして違った土地にきていろんな世界をみて、いろんな人を見ていろんなことを感じると、「ご縁」という言葉の深さを実感。

今日もまた一つ勉強になり、楽しい出会いがあり、いい一日で終わった。

仏心寺駐在14日目

今日は、新しい日本人の方が日本から来られた。

インドが大好きな方。

何度もインドに来ているが、一人では来たことがなく、私たちみたいに個人的にきて長期で泊まるのは初めてという方。

今月22日に帰るまでの二週間、共同生活をする。
(仏心寺では、このように長期で泊まりたい方、二週間だけなど、一人では不安だけど気軽にブダガヤを感じていただくように旅行の計画を組んでいます)

僧侶の方ではなくインドに興味があり、仏跡が好きな方で、特にレンガでできた建物が好きという方です。

今私は、日本から従兄弟と一緒に来ていて、これで三人の修行ということになる。

こうやって、日本から来てくれることはうれしいことです。少しでもインド、ブダガヤの雰囲気を味わってもらい、ツアーとは違ったインドを見てもらいたいと思う。

日本とは全然違い。貧しい人や裕福な人の差が激しく、また動物がその辺を歩いているのも日本では見れない風景。

貴重な体験だと思う。いろんなことを感じてもらい、いろんな思いを持ってもらえたらうれしい。

一緒にきている従兄弟も、24歳の若い僧侶なので、ちょっとでも聖地ブダガヤを見て、仏教が世界でどれだけ信仰されているか、またどれだけ他の国の人達が信心厚いかを感じてもらえたらうれしい。

こうやって少しでも仏心寺を訪れてもらい、少しでもいろんなことを感じてもらえたらうれしい。

此処は、そのための場所だと思うし、安心して泊まれる場所だとも思う。
明日12月8日は、お釈迦様が悟りを開かれた日。
仏教徒として、最も重要な日をお釈迦様が悟りを開かれた聖地で迎えます。

仏心寺駐在13日目

今日は、朝起きて、すぐに電話(インドの携帯)がなった。
日本人で、二年間インドに居た人が、今インドにきていて、
「一緒に、チベットレストランにご飯行かないですか?」
というお誘い。

この方は、私が日記でおいしいと言っている「モモ」が大好きな人です。
お昼ご飯を他の人と食べるんだけど、一緒に食べようというお誘い。
断る理由もなく、即OK。

レストランに着くと、メニューも見ずそのまま注文表に注文を書く。
(インドのレストランでは、ちゃんとしたところは注文を聞きに来るスタイルで、少し安いところになると、紙とメニューを渡されて、自分で注文を書いて渡すスタイルである。)
チベットレストランメニュー

湯気を上げた蒸したての「モモ」が来た。一口ほおばると肉汁があふれてくる。
何度もいうが、この味はインドでは味わえない貴重な味。楽しみ?の一つである。
チベットレストラン モモ

食べながら、ブダガヤのことや日本のことをお話する。
ブダガヤにいると、日本語が堪能なインド人がたくさんいるが、やはり日本人と日本語でゆっくりしゃべる時間は、落ち着くひと時である。

何回もインドに来て、長期で泊まる程インドが好きでも、やはり生まれ育った国は恋しい。
ただ、インドも楽しく、充実しているので、インドもいい国である。

夜は、お世話になっているインド人とご飯。
食事をしていると、友人の商売仲間が来て、一緒にご飯を食べることに。

軽い挨拶から始まり、手相占いをしてもらい、その後はお酒が回ってきたのか熱いトークが始まった。

ヒンドゥー教と仏教の関係や、今の仏教はインドでは新仏教にあたるとか、二つの宗教は違うようで同じであるとか、幸せについて、お金について、自殺について、インド人についてなど、酔いながらだが興味深い話であった.

最後は、「お金は死んだらもっていかれないから、ここで使っていこう。!」
と商売の話になってちょっと残念。

まだまだカーストが残っているインド。
そして、日本以上に貧富の差が激しいインド。

その中で生活しているインド人は、貧しくても楽しそうに生活して、貧しい人は貧しいなりに一日をがんばって生きている。
(貧しいから、辛いからといって自殺する人は、あまりいないという。)

これだけをみていると一見ものすごくよく見えるインド。
ただ、その中で見え隠れする人々のいろいろな不満。
まだまだ、インドの底は見えません。

いろいろ考えさせられる一日でした。

仏心寺駐在12日目

今日は、隣にある「日本寺」で晋山式(新しい住職さんが着任された式)があった。招待状が来ていたので朝から出席してきた。

京都/比叡山で有名な天台宗の方が、住職になられた。年齢は91歳。!!
飛行機で、ここまで来る大変さを考えたら、すごい。!!

式の前に、まず「大塔」でお参りをする。
その後、御輿(みこし)に乗り行列をして日本寺まで行く。
参加者(30人程)は、行列を作って後ろに続く。

何にでも興味があり、すぐに人だかりができるインドなので、あっという間に人だかりができ、行列の人数がどんどん増えていく。

インドやタイ、チベットの僧侶の衣は、基本的に一色しかない。
みんな同じ色の衣を着る。インド・タイは、ダイダイ色。 チベットは、アズキ色。

それに比べ日本の衣は、僧階などで色が変わる。
明るい色が多いので行列をみると、緑やオレンジ、青色の衣に金色の袈裟をつけているので、華やかな行列であった。

日本寺に到着すると本堂で式典が開催された。
ブダガヤがあるビハール州の知事さんなど、政治家の方もたくさん参加されていた。
また、知事さんや政治家の方を守るため、軍や警察の人がそこら中で目を光らせていて、その肩には本物のマシンガンがぶらさがっていた。!!

チベットのお勤め。パーリ語のお勤め。そして最後に日本のお勤めが行われた。

チベットやパーリ語のお勤めは、鳴らす物などがなく一人が唱えるとみんなが唱えて、失礼だが少しばらばらな印象を受ける。

日本のお勤めは、みんなが声をそろえタイミングも揃えたりするので、見た感じも聞いた感じも大変きれいで、それだけで一つの劇というかパフォーマンス(いい意味で)に見える。
(同じ僧侶として、見慣れているからだけかもしれないが)

その後、参加した来賓の祝辞(日本以外の国の人のあいさつも)がありたくさんのあり、国際交流を掲げている「日本寺」の大きさを実感した。

「日本寺」では朝晩のお勤めの時に、旅行客などが座禅をするのが口コミで広がっている。
そのことは、知事さんの挨拶の言葉の中にも入れられていて、国際的にも日本の仏教が注目され、認められていることにも実感した。

日本だけじゃなく、もっと諸外国にも目を向けていかないといけないなと、またまた実感。
そんな感じで、式典が終わった。

参加させてもらって、いろんなことを感じさせられ、すぐ隣にあるお寺だが改めていろんな意味で、日本寺の大きさを実感した。!!

今、自分がいる「仏心寺」も国際的に知られるお寺になることを願い、今できることを少しずつしていき進んでいきたい。
ただ、簡単にはいかない・中途半端な思いでは無理・みんなの思いが一つになり、何より一人ではできない、たくさんの人の協力が必要だ。

課題はたくさんある。やることがあることは楽しみであり、うれしいことである。

堅い日記なので、最後にどうでもいいことですが、頭を昨日剃ったので、頭がスースーする。
改めて髪の毛の大切を実感。!!
いろんなことを実感した一日だった。
今日もまた、いい日で終わりました。

仏心寺駐在11日目

11日目になり、少しずつ体に疲れもたまってきたのか、体のだるさが目立ってきた。
朝晩の気温の変化が原因だと思われる。
今は、日本と同じようにインドも冬に当たる。

インド=暑い場所、というイメージを持っている人が多いと思うが、そんなことはない。
夏はたしかに灼熱で、日差しが痛い。
昼間に街を歩くのは自殺行為。
夜も暑くて寝付けない毎日である。

けれど、今の時期は、冬で乾期の季節である。
朝晩は寒く、気温が一桁になる。

ただ、昼間は太陽が出てくると、半袖でも歩けるぐらいの暖かさになる。
日差しは暑く感じる。
そんな感じの一日なので、体も対応に追われているのか、だるくなってくる。

しかも、今は乾期なので雨が降らない。
こっちに来て、まだ一度も雨をみていない。
雨が降らないので空気が乾燥して、砂ぼこりがすごい。
車が通れば砂ぼこりが舞い上がり、鼻やのどがほこりでいっぺんにやられてしまう。

マスクは必需品!
よくインドの人は、平気で過ごしているものだと関心する。

今日は、髪の毛も伸びてきたので、街の床屋さんへ。
「中途半端に切っても!」と思い、カミソリで剃ってもらった。
日本みたいな安全カミソリなんてものは無いので、一枚刃のカミソリで頭を剃ってもらう。

これは恐怖。!
しかも、ゆっくり慎重ではなく、どんどん手早く剃っていく。
頭が切れないか本当に怖い。。

ただ、10分もすればきれいなボーズ頭に。
手際の良さに圧倒されます。

きれいになったのはいいが、鏡を見ると頭だけ真っ白。
顔だけ日焼けしているので、頭皮は真っ白。。

恥ずかしいけれど、日差しのきついインド。
一日もすれば、なじむかな?

朝晩のお勤めは毎日欠かさず行って、その日にでてきた問題は、その日に解決する。
思い立ったら、即行動
そうして一日一日過ごしています。

仏心寺駐在10日目

今回の滞在は、一ヶ月の予定なので三分の一が過ぎたところです。あっという間の印象。
そんな中でいろんな人に会い、いろんなことを話して、大変充実していると実感。!
日本にいても、檀家さん以外の人がお寺に訪れることは、ほぼ無いのである。

しかし、仏心寺にいると、いろんな人に会うことができる。日本人はもちろんだが、カナダ人、韓国人、チベット人等々。
また、いろんなことに興味をもって旅をしている人がいるので、おもしろい。
ブッダが好きな人。 お寺が好きな人。
お寺には全く興味がなく、たまたま「地球の歩き方」を読んで興味をもって来た人。
インド料理のお店を開くために、現地のインドの味を覚えに来た人。
日本の仏教があわず、海外の仏教を勉強している人。
本当にいろんな人と会うことができ、いろんな話を聞ける。

今日は、予定がないと思っていると、自然と予定が出来てくる。出会いが出来る。

「毎日、何をしているんですか?」と聞かれる。
決まった事といったら、朝晩のお勤めだけ。 これといって、他には決まったことはない。
けれど、暇なわけではない。さっきもいったように、自然と何か出会いがあり、何かが起こる。


今は便利な時代なので、インターネットでちょっと調べれば、インド、ブッダガヤの情報は沢山入ってくる。
Google Earthなどをみれば写真も出てくる。(仏心寺も衛星写真に写ってます。)
日本にいて、机の上でいつでも見ることがでる。

けれど、実際に来てみると全然違う。
写真や、本に書れていないインドがそこにある。ちょっと路地を入っていくと、全然違うインド、ブッダガヤが見えてくる。

そんな不思議な感じのインド生活10日間。



ここでインド人の生活を。!
インドに行っていたと話をすると、よく「カレーばっかりなんですか?」と聞かれます。
答えは「YESです」。  本当に朝昼晩カレーです。
ただ、カレーといっても、日本のカレーは具材をすべて一緒に入れるが、インドのカレーは一種類の具材で一つのカレーを作ります。
じゃがいものカレー、豆のカレー、ほうれん草のカレー等、たくさんの種類のカレーがあります。

また、インドカレーといえば、香辛料がものすごく沢山入っていて、油がギトギトで、ものすごく辛いイメージがあるのですが、そうでもないんです。
現地の人が食べている家庭料理のカレーは、油や香辛料は少なく、辛さは作る人や家によって違います。

なので、結構あっさり食べれるカレーです。

香辛料が多かったり、油が多くギトギトしているのは特別な料理で、レストランなどはわざと多く使い、家で食べる料理とは違う味を出していると言っていました。
「家で食べるカレーと同じ味じゃ食べに来ないからね。」と!

ただ、毎日カレーで飽きないかと言われれば。正直、飽きてきます。
三ヶ月いたときは、一ヶ月で飽きました。

今のところ、まだ大丈夫ですが。!

仏心寺駐在9日目

昨日も書いたように、今日は友人の妹の結婚式の日。

ここで、インドの結婚式の習慣ですが、インド人は一番はじめに神様やお寺に招待状を出します。その後、いろんな招待客に招待状を出します。

そして、儀式の中で神様やお寺(日本で言う菩提寺さん)に行列をつくってあいさつをしに行きます。

日本でも昔は同じようなことあったのかな?

当日、日本でいう結納が、新婦側と新郎側で別々に行われます。新婦側の結納は生活用品を渡します。

お互いの結納が終わるとパーティーのはじまりです。

まず、新郎がパレードをして新婦の待つ会場にいきます。

先頭に音楽隊が演奏し、その後ろに直径一メートルぐらいのスピーカーが四つぐらいついたリアカーを引き、音楽を耳が割れんばかりの爆音でならす。

その後を、派手な電飾を頭の上に持った人達が10人程が続く。そして、新郎の招待客がその中でダンスをしながら続いていく。

その間、新婦や新婦の親戚家族は会場でご飯(バイキング)を食べて待っています。

新郎が会場に到着すると、まずは、会場の真ん中にあるマハラジャみたいな大きなソファーに新郎が座り、写真撮影。これが、20分ぐらい続いてやっと新婦が登場!

新郎が待つソファーまで歩いていき、そこで出会う。

日本ではリングの交換をしますが、インドで花輪を交換して結婚の証とします。

そこからは、家族や親友などと写真撮影。これが30分ぐらい。

これで終わりと思いきや、これは序の口でここからが本番。あとは本当に親しい家族・友人が入れ替わり立ち替わり写真撮影。7時に始まり、終わったのが11時・・・・・。

これからが、結婚式の本番です・・・・・。!

日本の2時間程で終わる式とは桁が違いました。

そして、今回会場に来た人。

何と、1000人以上。

2000人分用意した食事がなくなり、追加で200人分ぐらい作ったということでした。

基本的には、近所に住む人なら誰が来てもOKなので、本当にたくさんの人があつまり、私は圧倒されるばかりでした。

後で話を聞くと、今回の結婚式は、インドでは大きい方に入らないそうです。

すごい式だとジャンボジェットを貸し切って、席を全部外しセッティングし直し式を挙げたマハラジャもいたらしい。

国が違えば文化も違い、習慣も違い、スケールも全く違います。

大変いい経験ができました。

楽しかったけど疲れた・・・・・。!!

今、写真が載らない状態みたいなので、文だけではなかなか伝えにくいですが、想像しながら読んでいただけたらうれしいです。
(管理者:写真の掲載は、今少しお待ちください。)