FC2ブログ

2010.11.17

 本日からまた二日間お祭りがあります。
今回のお祭りは、イスラム教のお祭りで、ヤギを殺して食べるお祭りだそうです。

 現在二人の日本人と、一人のヨーロッパの女の子が仏心寺に宿泊しています。

 二人の日本人と屋上で話をしていて、スジャータ村の話しになりました。
ブダガヤの隣に川を挟んでスジャータ村があります。
日本ではスジャータという名前のクリープ?があります。
コーヒーに入れるミルクです。
その名前はこのスジャータからきているといわれています。

お釈迦さまは悟りを開かれる前は、ずっと苦行をされていました。
ある日、苦行をやめ疲れきって弱っていたお釈迦さまに乳粥を供養したのがスジャータという女性でした。
その後、体が元気になられたお釈迦さまが菩提樹の木の下で悟りを開かれました。

そのスジャータさんの名前からスジャータ村といわれています。
別名ではセーナー村と云う、一説では、お父さんの名前にセーナーが付いていたからだそうだ。

スジャータが乳粥を供養したことは有名な話なので、スジャータ村に行ったら乳粥屋さんがあるのかな?などと冗談話をしていたら、友人から電話が入った。
「今日は牛のお乳がたくさんとれたから、乳粥作ったよ」と、
すごい偶然でした。

2010-11-17a.jpg


家にお邪魔してご飯を食べた。
今日は年に数回のヒンドゥー教のお坊さんに来てもらいお祈りをしてもらう日だそうだ。

その日は、朝から何も食べずお祈りが終わって、お坊さんが食べるまで誰もご飯を食べないという。
ただ、私は僧侶なので、先に食べてもOKということだった。
私が、僧侶と見てもらえているというのが大変うれしかった。

お坊さんが食べるご飯も、ガスなどは一切使わず、牛糞を使って作るのが昔からのならわしらしい。


ご飯を食べヒンドゥーのお坊さんに合わせてもらった。

201-11-17b.jpg


果物やお米、また牛乳など沢山のお供えをして、火を焚いてお祈りをする。
最後に、神様の物語をみんなで聞いてお勤めが終わる。

この家では、昔からの伝統をちゃんと守っている。
素晴らしく感じる。
友人の息子さんは、デリーでプログラミングの勉強を終え一流企業への就職も決まっている。
ゆくゆくはアメリカなどで働くと言っている。
このように都会に出ている若い世代の人たちであっても、ちゃんと準備を手伝いお祈りに参加している。
本当に素晴らしい!と感じる。

普段の生活の中に、素直に物事を受け止めていく心が培われているのだと感じた。

2010.11.16

道ばたを歩いていると、インドの工事現場をよく目にする。
ブッダガヤは仏教の聖地である。
インド人を始め、タイ人・チベット人、スリランカ、ベトナム、台湾etcたくさん仏教国の方々が訪れる。
月単位で宿泊される方もいれば、ツアーで巡っていく方々もいる。
最近特に人が増え始めて、ホテルや安い宿泊施設の建設ラッシュが始まっている。

 10年前は、仏心寺の両隣りには何もなく、ただの空き地だった。
今では周辺にたくさんのお寺などができ、土地の値段も想像できないほど高騰している。

 そんなインドの工事現場で信じられない光景を目の当たりにする。
2010-11-16a.jpg

2010-11-16b.jpg
 
この二枚の写真を見てもらえればわかるが、2回の屋根を作っているところである。

ただその屋根を支えている木を見てもらいたい。
木が曲がっているのに気づきましたか?

この曲がった木を使ってまっすぐな(ハズ)建物を造っていく。
これは今の日本からはまったく想像できない。
もちろん仏心寺もこの作り方で造ったのだが、ちゃんと真っすぐできあがっていく。

こればっかりは、インド人の力のすばらしさに脱帽させられる。

日本の常識が通用しないインド。
まさにその通りである。

2010.11.15

 本日は、近くの村で刺繍を教えている日本人の方を訪れた。
毎年、日本とインドを行ったり来たり。9年近く繰り返している人である。
日本でも何度かお会いした。今回もこっちに来ることがわかっていて、夜の大塔で出会った。
今日から、刺繍教室を始めるという。来てほしいと言われて訪れた。

刺繍教室は、学校の授業が終わった3時から4時まで一室を借りて行っている。
一番小さい子は5歳。上は10歳ぐらい、約15人ぐらいが学んでいる。
日本人の先生に頼らず、みんなで出来るようにと教えている。
今では、それなりに刺繍ができる14歳ぐらいの4人の女の子がいる。
この子達を先生として進めていくというのである。

しかし、まず始めに問題が。
3時から始まるはずが・・・・。
そこはインド時間、3時20分になりやっと準備が整い開始。

スリランカに留学している私と同年代のインド人の僧侶がホリデーで帰ってきていた。
その僧侶が授業の前にお祈りをする。
仏心寺でも、授業の始めに生徒みんなでお祈りをする。
なかなか日本の学校では無い習慣である。
何事にも感謝する習慣が子供の頃から学べるような環境になっているのがインドである。

お祈りが終わり先生が子供達の前に立つ。
今日から授業を始めるからしっかり来るようにとヒンディー語で話をする。
インド人の僧侶も「ちゃんとこれからがんばるように」と挨拶。
私のことも『日本のお坊さんで、これからちゃんとしているか見に来るから』と説明される。
呼び名は「ジャパニーバンテージ」(日本のおぼうさん)ということになった。

今回は初めての子供達もたくさんいるので、まずはまっすぐ縫う練習から。
賑やかなのは良いが、なかなか言うことも聞かない。
楽しくのんびり進んでいくものの、教える事がなかなか伝わっていかない感じを受ける。
そのたびに、怒ったり、静かにするように先生役の女の子や先生が注意する。

そんなこんなであっという間に4時過ぎ。
最後まで課題が終わるわけもなく、明日のホームワークということになった。
最後は、お菓子でご褒美。

ビスケットだったが、子供達は目の色を輝かせていた。
ただ、もらってすぐ食べる子は少ない。
たぶん持って帰って兄弟で分けるのであろう。

あっという間の30分ちょっと。大変であったが、楽しい時間であった。

終わってから先生とお話をした。
これからも、ここに来てほしいと。
子供達がちゃんとするように甘い顔だけじゃなくに、
「チェックしているぞ」という怖い顔をして見てくださいと言われた。
さすがに毎日は無理だが、一日おきぐらいには行ってみようと思う。


授業の間、インド人の僧侶と話をしていたのだが、
彼の夢はこの村に戻ってきて、お寺を造りみんながお祈り出来る場所を作ることだと言っていた。

大変貧しい村であり、彼もまた貧しい家の生まれで、僧侶の道を進んだ。
幸いにも彼は勉強が良くできたので、
スリランカの仏教寺院への留学をすることができ(数人しか選ばれない中に選ばれた)、
今は二年目という状況である。
去年はスリランカに残るか、インドに戻るか分からないと言っていた。
今は、決心が決まりあと三年で修行が終わるので、こっちに戻ってくると言っている。

スリランカからもこまめにメールをくれていた。
見た目も話をしていても誠実な僧侶である。
村の人達からも信頼が厚く、子供らもこの僧侶のいうことは何でも素直に聞く。
その僧侶が真剣に自分の村のためにがんばるといっている。
その姿は、話をしていて感銘を受けた。

28日まで滞在してスリランカに帰るので、またご飯に行く約束をして別れる。

同年代で、こうやって修行してがんばっている姿を見せられると、
自分自身の行動や姿も大変考えさせられる。

まだまだ、先は長いだろうが、できることを出来る範囲でがんばっていくしかないと感じる。

11-15.jpg

写真は、インドの安いタクシー、リキシャー(三輪自転車)からの車窓?です。
横を走っていくのは、オートリキシャー(三輪自動車)。
インドではどこに行ってもたくさん走っています。
この車体に、10人近く乗ったりします。
はみ出ても足だけ入れて、体は外にはみ出したまま平気で乗ります。

2010.11.14

本日は日曜日。
なんとなく周りの雰囲気ものどかな感じがする。

今日は特に予定もなく、朝から洗濯をしたり、部屋の掃除をしたりしてゆっくり過ごす。

庭の掃除をしていると、庭の一番端っこに枯れたバナナの木に残っているバナナの実をスタッフが見つけて持ってきた。

ちょうどいい具合に熟れていたので、スタッフと分けながら食べた。
11-14_20101115181918.jpg

日本のバナナとは品種が違って、こちらのバナナは日本の半分ぐらいのバナナである。
味は、大変濃い。
濃くて、すごく甘い。
日本のバナナもおいしいのだが、こちらのバナナは濃縮されている感じがして、もっとおいしい。

こちらはフルーツがよくなるので、道ばたでもよく売っている。
今の時期は、バナナ、オレンジ、ザクロ、ガブァどれもおいしい。
そして、それをすぐジュースにしてくれる屋台もある。
さとうきびも機械でその場で絞ってくれてジュースにしてくれる。
本当の100%のジュースである。
その中でもザクロのジュースは本当に絶品である。

日本からみたら本当に田舎で何もないブッダガヤだが、だからこそ味わえる絶品の味である。


是非一度ご賞味をといいたいが、インドにまずは来てください。

2010.11.13

 いよいよサンプジャーのメインの日。
朝5時前に起床したが、その時点で大音量の音楽が鳴り響いていた。

着替えを済まし、友達の迎えを待つ。
少しずつ寒くなってきていて、半袖では無理な気候になった。
周りのインド人は、大きな布を体に巻いて歩いていた。

友達の迎えがきてバイクにのって二人で川に移動。
たくさんの行列が暗闇の中を歩いていて、女の人はきれいなサリーで着飾っている。

川に到着すると、昨日と同じように川の真ん中に向けて人の行列が続いている。
昨日より増えている感じを受ける。
11-12-a

少しずつ川の対岸が明るくなってきて、あたりも見やすくなってくると改めて人の多さにびっくりさせられる。
この場所だけでなく、川の上流や下流でもずっと人が集まっていると友達が教えてくれた。

いよいよ太陽が出てくる頃になると、女の人は川につかってお祈りの準備を始め、フルーツのお供え物などをお線香で清めたり、火をたいておがくずをくべていく。
11-13-b


あたりはまだまだ寒いが、太陽が出てくるにしたがってどんどん暖かくなってくる。
そして、太陽がでると一斉に女の人が太陽に向かってお祈りを始める。
周りの家族はそれの手伝いや次の段取りでばたばたしている。
家族以外の人たちは、友人の儀式を行っている家族の近くで儀式の進行を見守り、女の方に触れる時になると、一斉に手を伸ばして女の方に触れる。

仏心寺のスタッフの奥さんも川につかりお祈りをしていた。
お祈りが一通り終わると、ヒンドゥーのお坊さんが最後にお祈りの言葉を一人一人述べておわる。
11-13-f


ただ、ここがインドの変わっているところ。
お坊さんの数が異様にすくない。
だから、お祈りをしている最中から、次は自分のところへと旦那達が取り合いを始める。
ひっぱり合いや、大声で次はこっちと大変な状態に。
挙げ句の果てには、並んでお祈りをしている家族には、みんなまとめて行うことが始まる。

まあ、細かいことは気にしないインドならではの風景だと感じる。


けれども、このお祭りで本当に太陽の大切さを実感した。
お祭りの雰囲気でも感じるが、それとともに太陽が昇ってくるとだんだん体が日の光に照らされて暖かさを感じていく。
それまでは寒かった体が、日の光で温められるのを体感していると、普段は何気なく感じている暖かさもありがたく感じる。
当たり前のことがありがたく感じることができる。
こうやって、自然のことに感謝できる、ありがたく感じることができるというのは、インドならではのお祭りに感じる。

3年前インドに初めて長期間泊まったときもこのお祭りを体験しているが、その時は楽しそうな感じで終わってしまったが、改めて少しインドになれてじっくり感じてみると、お祭りのすばらしさが実感できた。

2010.11.12

お勤めを終えて振り返ると、二人の日本人が座っていた。
全く気配を感じなかったので、振り返って思わずびっくりしてしまった。
一人は前の日にお会いした方で、もう一人は同年代ぐらいの男性でした。

そのまま本堂で話を始めて、時計をみたら2時間もしゃべってしまっていた。
インドの感想や、仏教のこと、一人は僧侶の卵の方だったので、僧侶についてなど、たくさん話をした。
お互いいろんなインドの感じ方をしていたり、僧侶について違った考え方をしていたりと、話をしていて大変勉強になった。

その後は、友達の家にまたご飯を呼ばれにいってきた。
いつも通りカレーである。11-12-f.jpg


ここでも、インドのこと現状であったり、生き方・考え方の話をしながら有意義な食事の時間を過ごした。
印象に残っている言葉は、「人間一人で生きているんじゃないから、人のためになることすればいいじゃないか」である。
いつもながら本当に話を聞いていて、納得できる言葉ばかりである。

夕方4時になると、太陽のお祭りのお祈りが始まったみんな行列を作り、フルーツなどたくさんのお供え物を家族みんなでもって川へ歩いていく。その中で一番目立つのがさとうきびである。
さとうきびの長い木?を4本ぐらいもって歩いていく。11-12-e.jpg



途中断食をしている女の人は、太陽に向かい道で頭を地面に何回もつけながら歩いていく。
その頭をつけている女の人にさわると、さわった人は御利益をいただくことができる。

川へ到着すると何千人という人が川に集まっていた。
人の列が川の真ん中へ向かって歩いていき、そこで水につかりながらお祈りを始まる。
11-13-d

その儀式が進むにつれて太陽が沈んでいく。
何千人という人が集まりお祈りをする姿は、見ている側も自然と飲み込まれていく雰囲気であった。
太陽が沈むとまたお供え物をもって帰って行く。

明日の朝5時からがいよいよお祭りのクライマックスになる。

今回こちらにきて短い時間の間に二つの大きなお祭りを見ることができたが、それぞれのお祭りがちゃんと何の神様に祈っているのかという目的がみんなはっきりわかっていて、それを子供に伝えていく風景が目についた。
楽しいだけのお祭りではなく、ちゃんとどういうことをしているのか、そして自然の物に感謝するお祭りは大変重要に感じる。
そこから、自然の大切さがわかってくると感じる。
またわかっていても日々の生活で忘れてしまっているのを再認識させられている感じがする。

2010.11.11

 今日は朝から日本人とインド人の夫妻が泊まりにきた。
 仏心寺の外観、内装、部屋どれもきれいだと喜んでくれての宿泊である。

 私が生まれる前の話だが、奥さんが一度ブッダガヤに来たことがあるそうだ。その時、ブッダガヤには何もなく、大塔の周りは田んぼしかなかったそうで、今の状況にびっくりされていた。
 今でも初めてブッダガヤに来た人は「のどかでいいですね」というが、それ以上に田舎だったというのは、あまり想像できない。
 ここ最近は、本当に建設ラッシュというか、ずいぶんホテルが沢山できているのが現状である。
 でもそれは表通りだけの話で、ちょっと路地に入ると昔ながらの生活が残っている。
 発展してきれいなホテルが建ち、いろんなお店ができるのは便利でいいのだが、それに反して貧富の差が広くなっているのも現実である。
 そして、のどかな生活がなくなっていくのは、少し残念な気もする。

 それでも、貧しい人たちや子供達は毎日元気に笑顔で生きています。
 日本にはあまり見られないほどの笑顔で。

 夜になって、太陽の神様に感謝するお祭りが始まった。
 このお祭りはみんなでお祝いをするのだが、その中でも女の人が自分で決めて断食をしてきれいな体にしてから川にお参りに行くお祭りである。
 
 断食をする家では、周りの友達を招待して、二種類のお粥と小さいチャパティを振る舞う習慣がある。

 私も仏心寺のスタッフと友達の二人にお誘いを受けたので、7時半ぐらいから歩いて二軒を回った。 両方の家でお粥をもらったが、家によってそれぞれ味が違い、それなりのおいしさであった。

 招待する家では、家族や親戚みんなでお粥を振る舞う。たくさんの人が来るので作る人や運ぶ人、片付けをする人など、みんな総出で振る舞いをする。もちろん、きれいな服で着飾ってである。

 日本では、神様にお祈りをするようなお祭りの風習は「古い」や「大変」の一言でなくなりつつあるのが現状です。
 ここインドでは、ちゃんと昔からの伝統を守り、それぞれの神様や自然のものに感謝する風習が根付いているというのは大変すばらしいことである。

 特に太陽は、太陽がなかったら私たちは生きていくことができない。
 けれども、その大切さというものを日々教わることがないし、教わったとしても日々意識することはないだろう。
 こうやって伝統を守っていくことによって、大変勉強にもなるし、いろんなことに感謝できる心を養うことが出来るということはすばらしいことである。

 インドは本当に一つ一つがいろいろ考えさせられる場所である。

2010.11.10

 インドに来ると体がこっちになれるまで少し時間がかかる。
何となく体がだるくなるというか、少し体が重い感じがする。
なので、無理をせず少しずつ動いて体を慣らしていく。

 まだ観光シーズンに入ったばかりなので、ゲストの数も少ないが、その中で今日は朝から日本人の二人の旅行者が訪れてくれた。
近くで出会って二人でお寺を見に来てくれた。
話を聞くと、行きたい場所へのオートリキシャーの値段を膨大な額を言われていた。
友達に電話をして、すぐオートリキシャーを手配してもらい、金額もちゃんとした値段でいってもらうことになった。

インドは本当にだまされることが多い。
けれど、悪いという感覚がなく、それが当たり前のようになっている。
だます人でも、ちょっと仲良くなるとすごくいい人に変わることもしばしば。
その見極めが大変難しいが、逆に勉強にもなる。
そして、たくさんのことを考えさせられる。
特に、だますと言うこと。
お金が欲しいという気持ちから行動になっているが、お金が欲しいという気持ちは僕たちも持っている。
インドはそれを行動に移す文化、日本は隠す文化。
でも同じ気持ちがあることには変わらないので、僕たち自身も一方的にいうのではなく、自分自身の中身がどうかと考えないといけないと思う。
インドは、本当に考えさせられる場所であるが、それがインドのいい場所である。
大変自分自身に+になっていくのではないかと思う。


 もう少しすると、太陽のお祭りが始まると昨日話をしたが、明日の夜から本格的なお祈りの儀式が始まる。
女の人が断食を始めてきれいな体にするのだが、その時に家で儀式をする。
それに周りの人を招待する習慣があるが、仏心寺のスタッフの家でも儀式があるから明日の夜来てほしいと呼ばれた。それ以外にも、もう一人友達の家でも儀式をするからきてほしいと誘いが。
乳粥(キール)を振る舞ってくれるらしい。
そしてもう一つ、結婚式のお誘いも今日受けた。
いつも仲良くしてくれている人の弟さんが18日に結婚するから、きてほしいと招待状が届いた。
03
02

写真を見るとわかるが、ちゃんと神様がのっている。
これを見るだけでも、信仰心の熱心さが伝わってくる。

結婚式は二度目だが、お祝いの席にちゃんと招待してもらえるのは大変うれしいことである。そして、おいしい食事もできるからなおいっそう楽しみである。
18日が待ち遠しい!

 なにかと自然に予定ができてくる。
これがいつものインドです。

 それにしても、昼間は暑いです。

2010.11.9

 11月4日からインドに来ています。
日本は少しずつ寒くなってきているが、今のインドは昼間でも暑く外を歩くと暑さで体がだるくなる。
朝晩は、少し肌寒い日もあるが、長袖のTシャツを着ていれば十分である。

ただ、今は季節は乾期になるので、ものすごく乾燥している。
またブッダガヤは、大変田舎なので、砂埃がすごい。
仏心寺は大通りから離れているからましだが、大塔のあたりは車の通りもそれなりにあるので、砂埃がすごく、ちょっと歩くとのどに引っかかる感じがする。

 このような感じの現在のインド・ブッダガヤです。
今回の滞在は今までよりは長く、3月の中頃までの滞在計画です。
少し長いので、多少の不安もあるが、それでも貴重な体験をできることは大変うれしいことです。
やるべきこともたくさんあるので、あっという間の滞在期間になることは想像できるが、唯一残念なのが、日本の白いお米が食べれないのが一番残念。

日本にいてはあまり感じないが、ちょっと出てみると日本の白い炊きたてのお米のおいしさが本当に身にしみます。
日本に帰って一番にしたいことは、間違いなく白い炊きたてのご飯を食べることです。

話は脱線しましたが、ちょっとずつまた日記を書いていきますので、是非毎日チェックしてみてください。そして、できれば何かコメントを書いていただけると、どんな方が見ていてくれているのかがわかるので、是非お願いします!!

 昨日までは、ディワリー(ディパワリー)という、インドの正月であり、お金の神様に感謝をするお祭りがあった。インドのホーリーと並んで最大のお祭りである。
人と会ったときには「パッピーディワリー」とみんながいってお祝いをする。
私もまねをしていってみると、見知らぬ人でも「ハッピーディワリー」と笑顔で返してくれる。
また、至る所に土で作られた神様の像が飾られて、その前では1メートルほどの大きなスピーカーがおかれ、大音量(日本の基準では、耳が痛いほどの爆音)の音楽が一日中鳴り響き、その前で子供達が踊ったりしている。
夜になると、ローソクをともして家をかざり、花火や爆竹が至るところで鳴り響く。
本当に賑やかで、いるだけで気分が楽しくなるお祭りである。

インドの音楽などもそうなのだが、いろんなことが明るい気分になるのがインドの独特な雰囲気である。
だから、インド人が前向きな性格なのもうなづける。
そして、笑顔が多いのもうなずける。

今月はお祭りが多い月で、二・三日後には太陽の神様にお祈りをするお祭りが始まる。
これはまた明日説明します。