仏心寺日記 3月30日

 お彼岸も終わりやっと一息をついています。
 皆さんもお彼岸のお参りいきましたか?
お彼岸、お盆というように、ちゃんと習慣が残っているので、これをきっかけと感じて、今までお墓参りやお寺参りに入ったことない方は、一度入ってみるのもいいのではないでしょうか?
日頃と違う場に身を置いて、いろいろなことを考えてみる・また、体験してみることは大切なことだと思います。


 話は変わりますが、約5ヶ月近くの仏心寺の駐在が終わりました。

今年も無事日本に帰ることができ、ありがたいの一言です。
何気なく毎日を過ごせることは、大変ありがたいことだと思います。
何もないのが嫌だと思ったり、刺激がほしかったりもしますが、でも、何事もなくちゃんと一日終われることが、実は本当によかったと思えることではないでしょうか?

 仏心寺のことに話をもどしますが、毎年毎年、仏心寺の様子が変わっていっています。
去年は、一昨年より訪れる人が多くなり、少しずつ口コミを聞いてくれた人が泊まりにきてくれていました。また、仏心寺に宿泊したいというメールも届くようになりました。

今年は、去年よりも多くの宿泊のメールをいただきました。(ダライラマ法王の法要があった影響もありますが)また、「地球の歩き方」に小さくですがお寺の情報と、お寺の口コミがのったので、それを見て訪れてくれるかたも大変増えました。

 それとともに、ただ泊まるだけでなく、「仏教の話が聞きたい」など、仏教に触れたいという方が大変増えました。お寺にも少しながら仏教書や漫画の仏教の本を置くと、宿泊した方が仏教書を手にとって読んでくれたり、「他にいい本はないですか?」という質問もいただきました。
菩提樹の木の下

 このような形で、宿泊できるお寺から、宿泊できて・学ぶこともできるお寺に変わった一年になったと思います。

特に去年は震災がありましたので、今年は特に仏教や心の内面に関して興味を持った若い方が多かったように思えます。若い方が仏教に興味を持ってくれることは、大変うれしいことです。まだまだ、日本では仏教に興味をもったり話が聞きたくても、お寺に入りづらい、お坊さんと話をする機会がないといういろんな意見がありますが、少しでもその意見が変わっていくきっかけの場所になっていくようにがんばって行きたいと思います。
スポンサーサイト

仏心寺駐在日記 3月16日

 3月16日無事日本に帰国しました。
しばらく開いていた日記ですが、今は日本にいます。

15日のお昼すぎにインドを出発。
朝から荷物の準備をして、バタバタ。
出発30分前に準備終了。

僕は帰りますが、仏心寺はいつもと変わりません。
泊まっている人がいて、
スタッフもいつもどおり掃除をし、座っていて、
学校もいつも通りあります。

テスト週間で子供たちが午前中に帰っていきます。
先生は「僕が、日本に帰ります!」と子供たちに説明してくれました。
子供たちが帰り際に「Good Bye」といってくれます。
それを聞くと、なんとなく寂しい気持ちになりました。

子供達にさよならといい、そしてスタッフにあいさつ。
「居ない間お願いします!」と伝えました。

そうしていると車が到着。
そそくさと荷物を積み込み、僕も座席へ。
車が仏心寺を離れると、スタッフと先生がずっと手を振ってくれました。


去年、仏心寺を去るときとはまた違った感情でした。
寂しいのと、よかったなという思いでイッパイでした。


15分でガヤ空港に到着。
チェックインを済まして出国カウンターへ、
インド出国。!

タイ航空の飛行機に乗った瞬間別世界でした。
ほっとするような、そわそわするような・・・・・。

約4時間のフライトでタイ国際空港へ到着。
空港は本当に綺麗です。
毎回びっくりしますが、今回もびっくりしました。

同じ時間なのに、
国や場所が変わればこんなに変わるのかと、
改めて実感。

物乞いをしている人は、もちろんいません。
物価も全然違います。(チャイ一杯10円が、コーヒー一杯数百円)
砂ぼこりなんてありません。
床もぴかぴか。

時間調整の間にフルーツを食べました。
周りを見たら、みんなナイフとフォークで食べていました。
僕はといえば、手で食べていました。
小さいことですが、手で食べるインドの習慣がついてしまったのかなと
ちょっと恥ずかしくなりました・・・・。


そんなこんなで飛行機にのり、やっと日本に到着です。
朝7時に到着。
一歩外に出たら、寒い(30度以上のインドから、一桁の日本へ)
でも、空気が澄んでいてすがすがしい気分でした。


帰って来たんだなと思うとともに、
何事もなく帰れたことに感謝です。
仏さんの近くで、守られて過ごせたのだなと実感。


こんな感じで現在日本にいます。

仏心寺には、日本人の僧侶はいない状態です。

けれども、みなさん気軽に泊まってください!

次の日記には、まとめを書いていきます。