聖地巡礼を終えて、涙を流して礼拝。

現在仏心寺には、台湾からの比丘・比丘尼・信者様が約2週間の予定で宿泊されています。

きっかけは、毎年宿泊している比丘尼の友人が、昨年の今頃宿泊されたことに始まります。

二人とも同年代(たぶん70歳前後)で気が合う友達のようで、昨年帰り際に「来年はたくさん人連れてくるから!」と言って帰られました。
そこから月日が流れ今年の4月。
台湾の信者さんからメールが届き、「ツアーを組んだから部屋を予約したい」と連絡が来ました。
又来るからと言って帰る方は多いですが、本当に来てくださる方は大変少ないので嬉しかったことを覚えています。

今回来られた方は、

比丘が、1人
比丘尼が、5人
信者が、9人

インド入りは、11月11日
バナラシからネパールに抜け、最終地ブッダガヤに到着したのが、11月17日
その日はマハボディーテンプルを参拝され、翌日の11月18日、鶏足山(グルパ、ラトナギリ)へ参拝。

一緒に行きましょうと誘っていただき、私もご一緒してきました。

鶏足山は、頭陀行(ずだぎょう)第一と言われ、ストイックな貧しい生活の修行をされた摩訶迦葉尊者(マハーカッシャバ)が入定された地を言われています
摩訶迦葉尊者は、お釈迦様から糞掃衣を直接授かり、実質的な後継者であり、結集を行ったことでも有名な方です。
晩年は、一人山中に消えていったと言われ、伝説によると、遥かな未来に出現するという弥勒如来に釈尊の付属を伝えるため、涅槃に入らず入定し、その身体は今でも鶏足山の山中に保たれてると伝えられています。

当日の様子は別で詳しくかきますが、大変ハードな日程でした。

朝8時にブッダガヤを出発
現地到着は、10時過ぎ
その後、2時間程かけて山頂へ
お昼を山頂で食べ、法要や瞑想を行った後、山を下ったのは午後3時
そこから途中の村を寄り道して、ブッダガヤ到着は、午後6時

大変急な山で、しかも大変気温が高かったので、全員くたくたの状態。
それでも、信者さんはお寺に到着すると、てきぱきと食事を準備されあっという間に夕食ができました。
全員で集まり食事始めようとした時、今回のツアーを主催した比丘尼が涙を流し始めました。

涙をぼろぼろ流しながら急に全員の前で地面に頭をつけて、同行している比丘に礼拝し合掌の状態でみんなに向けて多いな声で話を始めました。

後で訳してもらったら「ブッダの聖地巡礼を無事に終えることができたこと、そして全員病気なく無事終えたことが本当に嬉しく、ブッダ・参加者全員に感謝したい。本当に聖地を回れたことが嬉しい!」と言っていたようで、感極まって涙が止まらなかったのです。


聖地巡礼に対する比丘尼の想い、そしてお釈迦様対する想い、仏教への想い、すべてが胸一杯になり感極まった比丘尼の姿に、聖地の大切さ、そして聖地を訪れると言うことがどういうことなのか再確認させられました。


年々仏教徒が増える聖地巡礼。
逆に年々日本人が激減している聖地巡礼。


改めて、仏教徒として聖地の大切さを、そして、そこで体験する・感じる事を日本の皆さんに共有していくと決意しました。。

スポンサーサイト

長袖制服の採寸。インドの税金制度改正の影響で。。。

ブッダガヤに到着して6日

例年以上のブッダガヤを訪れる東南アジアの仏教徒の多さに驚いています。

一方で、日本の寒さからインドの暖かさへの気温や環境の変化で、なんとなく体がだるい日々が続いてます。
毎回恒例なので、しばらくゆっくり体を慣らしていこうと思います。


今日は、毎年恒例の制服採寸の日でした。
これからの寒い時期に向けて、長袖の新しい制服を作ります。

子供達は相変わらず緊張しながらの採寸。
真剣な顔でまっすぐ立ち、カメラを向けると、真顔でカメラのレンズを眺めます。




th_20171113-IMG_5037.jpg



th_20171113-IMG_5042.jpg



2週間ほどで全員分の制服と、仏心寺の名前が入ったセーターができあがります。
その頃には、ブッダガヤも寒い時期に入っているので、待ち遠しい気持ちと、寒さが着て欲しくない複雑な気持ちです。

ただ、今年から導入されたGSTという新しい税率制度で、制服のための布にかかる税金が大幅にUPしたので、制服代金も大幅にUPするとテーラー(制服を作ってくれる人)が言って帰って行きました。


すべてがどんどん値上がりするインド。


経済発展の証拠なのでいい傾向なのかもしれませんが、仏心寺自体、そして学校運営は大変苦しい状況になっております。


少しでも継続できるように、皆さんのご協力よろしくお願いいたします。

合掌

宗教について考える時間。自然と考えさせられる場所ブッダガヤ

ブッダガヤは、仏教が始まった場所。
そこには、世界中の仏教徒が集まり祈りを捧げています。
そして、お布施をして徳を積むために集まってきます。


また、仏心寺には、東南アジアを旅してインドに来る人達も多く訪れます。


その二つに共通するのは、宗教色の強さ。


東南アジアを訪れたことある人は、見たこと・感じたことがあるはずです。
人々が普段から熱心に祈りを捧げる為にお寺に行き、托鉢の僧侶にお布施をしている姿を。
日本では目にしない光景ですね。


仏心寺で宿泊者と話をしていると、自然と宗教の話になります。
東南アジアで見てきた姿・ブッダガヤに来て世界中の人が祈りを捧げている姿が、自然と宗教とは何なのか?自分自身の宗教は何なのか?考えさせてくれます。

普段日本では触れる機会が少ない、考える機会も少ない宗教。
 

何かを求めて日本をでて旅に出た人達にとって、そこで出会ったものはすごく貴重な経験として印象的に残ります。

その印象に残ったものの一つが宗教であり、多くの旅人に共通点です。
そして、それが今まで日本で生活していた中で触れていなかった、触れていてもあまり意識していなかったことであり、実は必要なことなのではないかと感じる人も多くいます。


仏心寺に到着した数日前にいた男の子(20代中頃)とも、宗教の話になりました。
その子自身からは、「宗教は残っていくのかどうか?」など、様々な日本では投げかけられることが少ない質問を投げかけてきました。


日本では聞けないこと、話ずらいことを話できるのは、宗教色が強いインド・そして、ブッダガヤいという環境のお陰だと思います。


普段日本では考える機会が少ない宗教について考え、それについてざっくばらんに話ができる環境は、一僧侶として大変ありがたいです。


そして、仏心寺がブッダガヤのある一つの価値がそこにあると感じます。


この地を訪れて、世界の宗教の姿を見て・触れてみませんか?


ブッダガヤでお待ちしてます。

 

ブッダガヤに戻りました。3月まで滞在します

11月8日にブッダガヤに戻りました。

すぐブログをUPしたかったのですが、ブログの調子が悪く報告が遅れました。

最近はブログのセキュリティがちゃんとしていて、海外からのアクセスと日本からのアクセスで変わるとスムーズにログインできなかったりするので、ちょっと時間がかかりました。

現在のブッダガヤは、シーズンも始まり多くの東南アジアの仏教徒が訪れています。
特に今多いのは、スリランカ、ラオス、ベトナム。
また多くの韓国人も目にします。

例年のこの時期に訪れる人より多いのではないかと感じます。

バンコク経由で空港に到着しましたが、いつもは静かな空港も、到着したときには、ミャンマーからの飛行機もちょうど到着しており、大賑わいの空港内でした。
昨年までは、同じ時間に別の航空会社が到着していることは、ありませんでした。

年々各国の仏教徒が訪れるようになっている証拠ですね。


ということで、来年の3月まで滞在します。

ブッダガヤへ来る予定の方は、お寺にお立ち寄りください!
一緒にお経を唱え、お話をしましょう!!

お待ちしてます。

合掌