FC2ブログ

仏心寺駐在日記7月5日

今日は、早朝から停電です。
5時前ぐらいからファンが止まり、暑くて起床。
その停電がなんとお昼近くまで続きました。
何時もは、1時間ぐらいなのですが、
今日は珍しく長かったです。
日本の計画停電と違って、
いつ電気がくるのか分からないので、困ります。

今日はいつもお世話になっている、
ビジャイさんに会いに行ってきました。
家を改修中でバタバタしていましたが、
笑顔で迎えてくれました。
奥さんは少し前の選挙で、
ビジャイさん達が住んでいる村(仏心寺のすぐ近くの村)
マスティープールの村長さんになっていました。
ビジャイさんと少し話をして、
近くの村の様子を知りたいとお願いすると、
友達を呼んでくれ一緒に村を見て回りました。
一人で行って、カメラを向けたりすると
すごく嫌な顔をしたり、逃げられたりするので、
インド人の方がいると助かります

ホテルが建ち並ぶすぐ横に村があります。
そこでは裸の子供が走っていました。
男の人たちも暑いので、上半身裸で休んでいたり、
女の人たちも日陰でおしゃべりをしています。
朝ご飯時(10時ぐらい)なので、
女の人は食事の準備をしています。
子供は、しゃばしゃばで具の入っていない
カレー色をしたお米を食べています。

そんな子供たちもカメラを向けると、
笑顔で走ってきます。
撮って撮ってと大騒ぎ、
女の人は恥ずかしそうに顔を隠しています。
貧しい村

村の中をちょっと奥の方にはいると、
ゴミだらけの汚い池のような場所で、
子供達が遊んでいます。
感染病が気になるほど汚いです。

そんな村の中を歩くこと2時間。
汗だくになりましたが、
何時もの変わらぬ姿を見ることができました。

発展して豊かになっていると云われているインドですが、
それは富裕層の人だけの話で、格差がひどくなる一方です。
ブッダガヤにきて4年が経ちますが、
ホテルが増えて、
いい車が走るようになり、
一気に携帯が普及しました。
が、貧しい村の中の現状は、4年前と変わっていません。

これが今のインドです。

お昼頃からは待ちに待った雨が降りました。
ただ、量がすごい。
大雨を通り越しています。お寺の道は池になりました。
ちょうど帰宅時間の子供達は、雨宿り。
いっこうに雨がやまないので、
子供たちは鞄を置いて傘もささず
ビショビショになって帰っていきました。

雨のお陰で、気温も下がり、風も涼しくなりほっとしました。

日本の雨というと嫌なイメージが多いですが、
雨のお陰で気温が下がってくれて、雨のありがたみを実感。

自然はうまくできているなと感じます。
また、その自然にはかなわない、
自然のお陰で生活も助けてもらっているんだと感じます。
今日記を書いていますが、外は虫の声が一段とにぎやかです。
虫たちも雨を喜んでいるはずです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【仏心寺駐在日記7月5日】

今日は、早朝から停電です。5時前ぐらいからファンが止まり、暑くて起床。その停電がなんとお昼近くまで続きました。何時もは、1時間ぐらいなのですが、今日は珍しく長かったです...