世界中の信者が1万人以上集まるチベット仏教、カギュモンラム

世界中の信者が1万人以上集まるチベット仏教、カギュモンラム



早速、下の動画を見てください。



毎年この場所で、行われるチベット仏教カギュ派の大法要、カギュモンラム


数週間行われる大法要に参加するため、昨年は7000人の僧侶や尼僧、一般の信者が約3000人集まりました。


信者は、毎年この法要に参加するために仕事の休みをとってきます。
台湾・中国・マレーシア・シンガポール・アメリカ・カナダ・西洋諸国など全50カ国から集まり、法話は、13ヶ国語に同時通訳されます。(日本語は、残念ながらなし)



日本で毎年行われる仏教の法要で、これだけ人が集まることはあるでしょうか?



実際何度もこの会場に足を運んでいますが、人の多さ、舞台の大きさに圧倒されます。
そして、スピーカーを通して行われる独特の低音のお経は、一度聞くと忘れられません。



さらに驚くことは、この場所に来れない世界中にいる信者のために、すべての日程をfacebookのライブ動画でリアルタイムで配信し、数日後には、youtubeの専門チャンネルにすべてアップロードされるということです。


仏法を伝える上で使えるものは、すべて使っているという感じです。


実際、動画配信などは、どの国の仏教も行ってます。

法要の中継、法話の中継、そして、youtubeでいつでも観れるようにすることは、仏法を広める上で必要と認識されています。


そのモンラムの最後に行われるものが、「マルメモンラム」と言われる法要。


「ランプ供養」や、「光の供養」とも訳されるようで、夜に行われます。


3月2日に行われた動画がyoutubeに上がっているので、ごらんください





光や音楽、煙などを使った演出。
世界中からこの日のために集まってきた、一流の音楽家たち。
飛び交うレーザー光線

カメラも何台も用意されており、まさにコンサート会場。

司会は、僧侶により、チベット語、英語、中国語に同時通訳




すべて、この法要の為に用意されたものです!


クライマックスは、カギュ派のトップ、カルマパ法王自身が歌を歌い、参加者全員で大合唱



その歌も、チベット語、中国語、英語に訳されています。






ブッダガヤではこのような大法要が毎年行われています。


言い忘れてましたが、この大法要に参加する方法は、会場にきてパスカードを作るだけ。


参加費は、無料


すべて信者さんのドネーションで賄われています。


お金がある人は、お金を。
お金がない人は、ボランティアとしてスタッフになる



数週間続く法要では、お茶やパーレというチベット式のパンも無料で全員に配られます。


世界中に信者を持つチベット仏教の凄さをうかがえる光景です。


そして、世界で仏教を勉強する人が増えている証だと感じています。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)