FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨降って、気温が下がり、人間も虫も?大喜び

雨が降り始めたブッダガヤ。


待ちに待った雨です。


雨が降り始めてから、一気に虫の声が増え大きくなり、そして、蚊や小さい虫も増えました。
夜はカエルの大合唱。

人間だけじゃなく、虫も雨を待っていた?




雨のお陰で、気温も大変快適です。

30度をきるぐらいじゃないか

もしかすると、日本の方が暑いんじゃないかな?


ただ振り方が日本のゲリラ豪雨のよう。
雷が地響きのように鳴り続け、一気に降ります
そして、仏心寺内は川になり、池に。


動画でご覧ください。







今までなかなか降らなかった雨で、いつになるかいつになるか、地元の人は待ちわびており、暑さにずっと耐えていた感じでした。



エアコンを持っている家は一部。

そして、停電も多い。

レンガ造りの家は、強い日光で照らされ家の中はサウナ状態。



大変つらい環境の中で生活しており、この暑さの解決方法は、雨のみ。

思い通りにならないのが当たり前ですが、思い通りにしたいのが人間。


でも、望んだからふるものでもなく、できることは、ただ待つのみ。

そして、祈るのみ。



ブッダガヤで生活をしていると、祈る行為がどういうことなのか体感します。


大切さ、そして人間の心はそのようにできている。

自然と祈ってしまい、最後にできる手段のように感じています。

そのような心に気づき、考えるようになったのは、はやり初めてインドに来たときです。


普段の当たり前(日本にいるときの当たり前)が、当たり前じゃなくなった時、今まで気づかなかった、気にしなかった事に気づきます。


体感するという学びを感じるインド生活です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。