初転法輪とVassa(安吾)の日

7月9日は、インドの暦では満月であり、初めてお釈迦様が説法をした日でもありました。


また、グル・プルニマとも言われます。
グルとは、師匠という意味、
プルニマは、満月という意味です。


ちなみに、タイの暦では、一日前の7月8日が満月で、同じくお釈迦様が説法をした日とされています。
7月8日に向け、タイ国営のお寺には200人以上の僧侶が集まり、夜にはマハボディーテンプルでは、キャンドルオファリングをして、お祝いを行っていました。

200人。。。

すごいですね。

日本の僧侶が、200人集まったらどうなるのか。


タイとインドが少し暦が違っていて、お祝いする日もずれているように、国や暦の違いで、お釈迦様の記念の日が違うことがあります。

日本では、

4月8日が、お釈迦様が生まれた日
12月8日が、悟りを開いた日
2月15日が、涅槃に入った日

こちらでは、すべての日が、5月(ヴェーサカ月)の満月の日とされおり、違いがあります。

ちなみに、日本では初転法輪の日はお祝いしないですね。




満月には、毎日行われるBTMC(大塔管理委員会)のサンガダーナももちろん行われ参加してきました。

今回集まった僧侶は、86人

th_20170709-IMG_8557.jpg 


主に上座部仏教の僧侶ばかりでした。(8割ほど)

パーリ語のお経・チベットのお経が唱えられ、食事のダーナ。そしてお金のダーナ。

th_IMG_3912.jpg 


今回は、1人の僧侶が個人的にすべての僧侶へお金のダーナをされていました。


待ち時間BTMCのチーフ僧侶と話をしていると、今日は大切な日だと教えてくれました。



th_20170709-IMG_8554.jpg 

右側がチーフ僧侶



「今日は、Vassaが始まる大切な日。

 Vassaとは「雨」という意味で、今日から3ヶ月間続く。

 特別な事がない限り、3ヶ月間1カ所で修行をする。

 特別な事とは、人が亡くなること。
 その時は、サンガの許可を得て最大一週間他の場所へ行ける」



日本ではサンガというとあまり馴染みがないですが、他の国では今でもサンガが機能しているのがよくわかります。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)