カディの作務衣で日本に帰ります。

日本にいったん帰ります。

 

 

短い間でしたが、今回の目的を終え一度日本に戻ります。

 

次にインドに戻ってくるのは、何もなければ11月前半の予定です。

 

その時には、ブッダガヤではシーズンが始まり、たくさんの仏教徒で溢れているはず。

 

 

今回は、雨がほぼなく、予想以上に暑かったブッダガヤ。

たくさん汗をかき、1日に何枚もTシャツを着替えた毎日。

 

作務衣ももちろん汗だくです。

 

でも、そんな時に役立つというか、助かるのが、現地で作った作務衣。

 

インドの人が着る伝統的な布、カディ


手紡ぎ・手織りので作られたぬので、 チャルカと言われる糸車を使って紡いでいく。

その為ムラがあるが、逆にそれが生地に独特の風合いをかもちだしている布。 


ブッダガヤには、政府公認のカディの専門店があり、毎回違う色・デザインのカディがある。

逆に同じ物を後で手に入れるのは難しいともいえますが。


私はそのカディを使い、現地のテーラーで作務衣を作って着ています。
そして、これがすごく快適!


軽い。

着続けるほどに肌触りがよくなる。

風通りもいい。

 

そして何より、乾きが早い!

 

th_20170905-IMG_3011.jpg 


前回の写真で着ているのが、カディでできた作務衣。




毎日、毎時間大量の汗をかくので、日本から持ってきた服は汗の吸収がまにあわず、常にぬれている状態。

 

でも、カディで作った作務衣は、涼しい場所に入れば、すぐ乾いていきます。
(匂いは残りますが。。。)

 


 

郷に入れば郷に従え

 

 

 

 

その地で根付いていた物は、その風土に合うようにできているんだと改めて実感します



 逆に年々暑くなっている日本では、この作務衣が大変役に立つかも。
興味がある方はご一報をw


ということで、日本に向けてブッダガヤを出発します。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)