FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成道会(日本のカレンダーで)。お釈迦様が悟りを開かれた地で、想いをはせる

12月8日は、成道会(じょうどうえ)

ゴータマ・シッダールタが、ここブッダガヤの地で悟りを開きブッダ(悟った人)になった日です。




「過去のどのような修行者も、現在のどのような苦行者も、また未来のどのような修行者も、これ以上の苦行をした者はなく、また、これからもいないだろう」と後に言われたほど苦行に励んだゴータマ・シッダールタでしたが、6年続けたこの苦行を捨てニラージャナ川の畔で沐浴をし、スジャータという娘から乳粥を得て体力を回復した。


その後、「血も涸れよ、肉も爛れよ、骨も腐れよ。悟りを得るまでは、私はこの座を立たないであろう」という決心のもと、瞑想に入ったゴータマ・シッダールタ
そして、翌日12月8日の明けの明星を仰いだとき、悟りを開き、仏(ブッダ)となった。


まさに仏教が始まった日です!



12月8日当日、仏心寺の学校の子供達と、宿泊者でお祝いの法要を行いました。



th_20171208-IMG_1472.jpg


th_20171208-IMG_1474.jpg




子供達に、


「日本ではお釈迦様が悟りを開いた日です。
  お釈迦様の教えはたくさんありますが、一つ大切なことは、他の人に優しくすることです!
 他の人のことを考えることをわすれず、生活をしてください」


と伝えた後、一緒にお祝いの法要を行いました。
子供達にとっては、言葉も意味もわからないお経にもかかわらず、ちゃんと合掌をした状態で法要を過ごしてくれ感謝しています。



th_20171208-IMG_1509.jpg



毎年12月8日をブッダガヤの地で迎えていますが、今私がこの場所にいることができる・また菩提樹のあるマハボディーテンプルが現存しており、そこでお参りをすることができるのも、お釈迦様の教えを大切に残して伝えてくれた、様々な先達の「おかげさま」だと感じてます。



・お釈迦様の教えを残そうと文字にしてくれたお弟子さん
・中国からインドへ死を覚悟してお経を取りに行った三蔵法師の方々
・日本に仏教を伝えてくれた人達
・日本でも各宗派を始めた祖師の方々



その他にも多くの信者さんや名前が残っていないたくさんの方の「おかげさま」でこの場所にいることができる、仏教を学ぶことができる。

もちろん、仏心寺がこの地にできたこと、そして続いていること。
それは、多くの仏心寺を支えてくださっている方のおかげです。


本当にありがたいの一言で、感謝のしようがありません!

感謝して終わりではなくに、これからも仏教を次の世代に伝えていけるように頑張っていきたいと感じてます。



th_20171203-GOPR3457.jpg 



余談ですが、成道会が12月8日とは、日本だけで、特にブッダガヤでは、5月(ウェーサーカ月)の満月の日に、お釈迦様の誕生・成道・涅槃をお祝いをします。

毎年この時期は、前に書いたようにTipitaka chantingというテーラバーダ仏教の大法要が行われており多くの人で賑わっていていることを、成道会をお祝いをしていると勘違いする人がいますが、もしこの時期にブッダガヤに訪れる方は、12月8日に成道会をお祝いするのは日本だけということを覚えておいてくださいね。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。