FC2ブログ

2010.11.26

 昨日の夜、通りがかったチベット人のお店のドアが開いていました。
今まで、閉まっていたので、やっとオープンしたんだ。と入っていくと、
顔なじみのチベット人夫婦が、明日からオープンだけど、お茶でもと言われた。

約一年ぶりの再会、お店の雰囲気やお母さんが懐かしく、本当にうれしかったです。
お茶を一杯だけと思っていたが、二杯・三杯とご馳走になってしまいました。
チベットのバターティーは、甘くはないのだが、独特なバター風味のお茶で、
体の中から温まってくる、僕は大好きです。
「又、明日。」と約束をして帰宅。

朝一番に行くと、大勢のお坊さんが座っていてびっくり。
タイや台湾、ベトナム、ネパールなどいろんな国のお坊さんや尼さんたち。
注文の嵐。
お母さんは一人で注文を取っては、出来上がったご飯を運んでの繰り返し。
申し訳なく思いながら、座って注文を済ませて待っていると、
知り合いのタイのお坊さんが、話しかけてきました。

「今日はタイのお坊さんが、ブダガヤのいろんな国のお坊さんを招待して
ご飯をふるまっている。
あなたもお坊さんだから食べていって」

私を、お坊さんと認識してくれたこと、偶々来ただけの他の国の人にも
どうぞ一緒にと言う広い心に感謝の一言でした。

しかし、注文したものは出てくるまでに1時間近くかかりました。
その間、みんなが持ち寄ったフルーツを分け合ったり、他の店からケーキを買ってきては
みんなで分けたり、みんな一緒に楽しんでいました。

タイのお坊さんは、ご飯も食べず一人一人を気に掛け、ちゃんと注文したのか、
ちゃんと食べたかなど気配りをずっとしていました。

こちらのお坊さんを見ていると、いろんな人から崇められていて、堂々とした印象を受ける。
でもこの様に、違う場所では仲良く一緒に楽しく過ごしていて、気配りを忘れない。
心細やかで、大変アットホームで身近な印象を受けました。

又、どの国の人としゃべっていてもそうなのだが、
「自分の国に来てください!
ちゃんと旅行をアレンジします。
一緒に修行しましょう」と誘われる。

台湾、スリランカ、タイ etcいろんな国の人に誘われる。

すごくうるさかったり、食べ方が汚かったり、肘を付いていたりとお行儀が悪いのです。
でも、心は本当に暖かく、笑顔が絶えないんです。
見た目も大切です。だがもっと内面的な部分が大切で、日本人には欠けてきている部分ではないかと感じました。

ただ、言葉の壁は高いです。
英語は本当に大切ですね。!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)