今年2度目のお正月。チベット・ベトナム・ブータン・台湾・中国

Happy new year!
Happy Losar!
新年快楽!
.

2月16日は、チベット・ブータン・ベトナム・台湾・中国のお正月。



今年2回目のお正月。

前日の15日夜は、ベトナムのお寺で前夜祭。

ベトナムとラオスの僧侶とお祝いのご飯と爆竹



当日の2月16日は、早朝から菩提樹の下にベトナムの人達がブッダガヤにいる約200名ほどの僧侶を招待して、各国の読経と、サンガダーナ

その後、お寺でお祝いのご飯と、お正月にするベトナム式のくじ引き大会。


th_IMG_6988.jpg


th_IMG_7002.jpg

th_IMG_7001.jpg

th_IMG_6997.jpg

th_IMG_6993.jpg


th_IMG_6991.jpg




お昼は、ブータンの友人のお寺でお祝いのご飯。


若いお坊さん達は、ブータンの国技手で投げるアーチェリーを楽しんでいました

ブータンでのお正月の楽しみ方は、男の人はアーチェリー。女性はご飯を作って、外でアーチェリーを見ながら食べるらしいです)


th_20180216-IMG_2879.jpg


th_20180216-IMG_2883.jpg


th_20180216-IMG_2903.jpg


th_20180216-IMG_2891.jpg


th_20180216-IMG_2916.jpg


th_20180216-IMG_2919.jpg



チリばかりのチーズスープ


th_20180216-IMG_2905.jpg



th_20180216-IMG_2912.jpg



夜は、国営のブータンのお寺に住んでいる女の子で、私が日本語を教えているブータンの子がお正月の食事に招いてくれました。
 

 

ブータンのバターを使ったバター茶と、お祝いに食べる特別なスープ
唐辛子と、山椒などの配合が絶妙でした。


th_20180216-IMG_3578.jpg


th_20180216-IMG_3600.jpg



th_20180216-IMG_3605.jpg



それぞれの国のお正月に食べる食べ物を味わうことができ、お正月をどのように過ごすのかも体験でき、楽しいお正月になりました。



西洋のカレンダーだけでなく、自国のカレンダーも大切にしている国が多いことを感じると共に、日本本来の暦もちゃんと知っておくことの大切さを感じました。

宿泊者・子供達・両親と涅槃会

2月15日

「涅槃会」

お釈迦様が入滅された日(亡くなられた日)




12月8日の成道会もそうですが、この日に涅槃会の法要を行うのは、やはり日本仏教だけです。


仏心寺でも、涅槃会の法要を行いました。

参列者は、宿泊しているインド・日本・台湾の方々
そして、友人のベトナム僧侶


学校の子供達はもちろん、両親にも案内を出し参列してもらいました。

「ブッダガヤから仏教が始まりました。 
 その場所に生まれたことを、大切に思ってください。
 お釈迦様の教えに興味を持ってください。」

と伝えて法要を開始。



日本式のお勤めの間に、ベトナムのお経を挟んで、法要を行いました。

各国の僧侶と共に法要ができることは、ありがたいことですし、国や宗派にこだわらず共にお経をあげてくれる友人僧侶にも感謝の気持ちでいっぱいです。





th_20180215-IMG_3542.jpg

th_20180215-IMG_3525.jpg

th_20180215-IMG_3526.jpg

th_20180215-IMG_3518.jpg


th_20180215-IMG_3570.jpg 





ブッダ最後の言葉

「いかなるものも移ろい行きます。怠ることなく努めなさい」


お釈迦様の最後の言葉をしっかり受け止め、これからも努め励んで行きます!



シヴァのお祭り「マハ・シヴァラトリ」

今日は、マハ・シヴァラトリというシヴァのお祭りの日


ラトリは、「夜」という意味で、シヴァが夜この世界くると信じられており、シヴァが祭られているお寺では、夜通しシヴァのマントラ「オーム・ナマ・シヴァーヤ(Om Namah Shivaya」が唱え続けられるといわれています。


ブッダガヤでは、特に大きなお祭りはなく、夜も静かでした。
というより、いつも以上に静まりかえり、シーンとした感じで、ちょっと違った夜に感じました。



また、毎年このシヴァラトリの日、もしくは前後は、強風が吹き雨が降ります。
今年も例外ではなく、数日前から強風が吹き、今まで乾期でずっと雨がなかったのにもかかわらず、昨日から雨が降っています。

毎年この時期になると自然と考えさせられること。


昔から続いている宗教。
そして、私たちがコントロールしようとしても、どうすることもできない自然。

そこには、何か見えないところでむつびついているんだろうと、生活の中で感じるインド生活!


これからインドはどんどん暑くなっていきます!


th_IMG_3484.jpg 

World Global Peace Festival 2018 in Thai

2月6日からタイに来ており、今日2月10日に、ブッダガヤに戻ります。


昨日(2月9日)タイのバンコクで行われたWorld Global Peace Festival 2018 in Thaiに参加してきました。

th_IMG_2783.jpg

th_IMG_2786.jpg 



タイにある宗教、仏教・キリスト・イスラム・ヒンディーの宗教者が集まり、平和について語られました。
そこには、マレーシアの王女様も参加され、物々しい警備の中行われました。

会場には、学生や宗教者、様々な職業の人達など幅広い年齢層の人達が数百人規模で集まっていました。




まずは国歌斉唱から始まり、王女様の挨拶、続いてそれぞれの宗教者の挨拶


th_IMG_2794.jpg

 

th_IMG_2796.jpg

th_IMG_2799.jpg

th_IMG_2801.jpg

th_IMG_2803.jpg

th_IMG_2792.jpg

th_IMG_2812.jpg


それぞれが平和について語り

「平和とは一人一人の心から出てくるものであり、平和を目指すには自分の心の中を見なければいけない」


「それぞれがいろいろな立場で考えているが、その立場の概念を捨てなければならない。
  どんな職業・何人・どこから来た、、、すべてなくしていくと残るのは、人間と言う言葉。
 みんな人間で一緒。そのマインドが平和への道筋です」


最後は、We are the worldが演奏され、地球の模型を囲んで記念撮影。


様々な宗教者の立場からの平和への想いを聞くことができ、大変勉強になりました。


グローバルな社会になり、一つの国だけではなく、国をまたいで行われている宗教間を超えた交流。
国をまたいで行われる平和への祈り、学び。

ますます、この流れが加速していくように感じます。

そして、各宗教が共通のキーワードとして持っている「平和」


最後に一人の男性が言った言葉

「平和の教育を次の世代の子供達に、伝えていかないといけない!」 

自分の時代だけはなくに、次の世代に向けても発信し続け、学ぶ機会を作り考える機会を作っていくことも大きな目標であると感じました!

Global Shanti Amaravati Buddhist Heritage Festival

こんにちは。

2月2日から、仏心寺を離れて南インドのアーンドラ・プラデーシュ州にきています。

この州は仏教に縁がある州で、「龍樹」(ナーガールジュナ 2世紀中旬〜3世紀中旬)という大乗仏教の流れの祖とも言われている僧侶が生まれ、住んでいた場所です。




今でも有名な仏教遺跡が多数存在する州で、州を押して仏教を広げていこうという活動が今回の

「Global Shanti  Amaravati Buddhist Heritage Festival」

https://globalshanti.in/



州が主催する宗教行事です!




インドはもちろん、スリランカ・ミャンマー・チベット・中国・ブータン・ネパールなど多くの仏教国の僧侶が集まって、2月3日〜5日の3日間の予定で開かれています。

ただ、会場周辺は、キリスト教徒が大変多い地域で、教会が多く存在します。
大変興味深い行事。




朝から夜までみっちりスケジュールが組まれており、朝7時半からピースウォークから始まり、各国僧侶の法話、遺跡訪問、夜も法話にカルチャープログラムと盛りだくさんの3日間




IMG_2857.jpg

th_IMG_2419.jpg

th_IMG_2338.jpg

IMG_2702.jpg


th_IMG_2651.jpg

th_IMG_2637.jpg



改めて詳しくブログは書きますが、2月10日まで仏心寺を離れております。
宿泊は可能ですが、僧侶はいませんので、お話をしたい・お勤めをしたい方は、2月10日以降に訪れてください。